国境なき子どもたち写真展2014 「パレスチナ、壁に閉ざされた誇り高き子どもたち」

PR TIMES / 2014年4月17日 13時2分

ハービー・山口さんがパレスチナの子どもたちを優しいまなざしで撮影しました。

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)【本部:東京都新宿区、会長:寺田朗子】は、2014年4月24日(木)から5月7日(水)まで、新宿区のアイデムフォトギャラリー「シリウス」でパレスチナの現状を伝えるための写真展を開催します。




今回パレスチナを撮影したのは、人気ミュージシャンから市井の人々まで、一貫して優しいまなざしで向き合う写真家ハービー・山口さん。2013年11月にパレスチナ自治区を訪れ、現地の青少年たちや彼らを取り巻く「壁」にカメラを向けました。写真展期間中、4月26日(土)にはハービー・山口さんと渡辺真理さん(フリーアナウンサー)のギャラリートークを行います。多くの方にご来場いただき、パレスチナについて共に考える機会となれば幸いです。 (モノクロ約40点)


期間:2014年4月24日(木)~5月7日(水)10:00~18:00 ※最終日は15:00まで
 【4月27日(日)、5月3日(土)~6日(火祝)は休館】

会場:アイデムフォトギャラリー 「シリウス」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F TEL:03-3350-1211

写真展タイトル:国境なき子どもたち写真展2014 「パレスチナ、壁に閉ざされた誇り高き子どもたち」

ギャラリートーク:4月26日(土)14:00~15:30 ハービー・山口×渡辺真理(フリーアナウンサー)
※要申込 KnK事務局へEmailで前日までにお申し込みください kodomo@knk.or.jp

主催:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
企画・構成:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)、FID/映像開発フォーラム
協賛:株式会社 堀内カラー
協力:G.I.P.Tokyo

撮影:ハービー・山口


写真展に寄せて
1973年、当時ロンドンに住んでいた僕はクエートに行ったことがあった。そこで会ったとても美しく利発そうな女子学生にカメラを向けた。「クエートの方ですか?」「そうじゃないの、私はパレスチナから来ているの、でもね、私たちの国はないのも同然なの」当時23歳の日本を出て3ヵ月、世界の何も知らない僕は、ふと見せた彼女の祖国への寂しい想いを少なからず感じて、キャンパスの中に消えて行く後ろ姿を見送った。その彼女の祖国パレスチナに僕は初めて旅することになった。
2013年11月のことだった。パレスチナには地中に埋蔵された資源はない。これといった産業もない。それどころかイスラエルとの争いがあるのみだ。数日パレスチナにいると彼らのフレンドリーな気質のお陰で、とても元気になっている自分を発見した。そんな彼らは僕に言う。「イスラエルの人たちだって、我々とブラザーなのに!なんで紛争が続くのかね?政治が全て悪いんだよ」
毎日KnKのセンターに行った。ここでは地域の子どもたちを集めて教育支援をしている。ここで働いているパレスチナ人の先生たちは口を揃えて言った。「世界の人は、我々のことをテロリストだと言うけれど、それは間違っている。我々大人は、子どもたちが決して希望を無くさず、恐怖を感じることなく立派な大人になって欲しいと願っているの!」そうした子どもたちを目の前にして、彼らのために僕は何を撮影すれば良いのだろうか。出て来た結論は「彼らのパレスチナ人としての誇りを撮るべきではないか」ということだった。パレスチナとイスラエルを分離する壁。そうした対立があるのに友好的に解決する術を誰も知らない。だがパレスチナには誇り高きフレンドリーで美しい子どもたちがいることをただ知って欲しいのである。
ハービー・山口

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング