【医師へのアンケート調査】「樹状細胞ワクチン療法」について、医師の7割は「初めて知った」、その内4割は「興味が沸いた」と回答

PR TIMES / 2014年12月12日 13時4分

医師7万人以上が参加する医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」(https://medpeer.jp)を運営するメドピア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:石見 陽)は、テラ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:矢崎 雄一郎)からの依頼のもと、会員医師を対象に「樹状細胞ワクチン療法※」についてのアンケートを実施し、以下のとおり結果を取りまとめました。



近年、がん免疫機構を制御する医薬品が日本国内で製造販売承認を取得するなど、がん免疫の重要性が注目されています。そこで、MedPeerに登録する医師(7万人以上)を対象に、「樹状細胞ワクチン療法」について紹介した上で、どのような印象を持ったかについて質問をしたところ、3,398件の回答が寄せられ、約7割は「初めて知った」、その内約4割は「初めて知ったが、興味が沸いた」と回答しました。

※樹状細胞ワクチン療法:免疫療法のひとつで、体外で大量に作製した樹状細胞にがん抗原を与えて、患者の体内に戻し、抗腫瘍効果を期待する新しい治療法であり、現在先進医療や保険外診療として、患者に提供されています。また、テラ株式会社は九州大学との共同研究において、薬事承認を目指した取り組みを推進しています。


サマリー:
■樹状細胞ワクチン療法について「初めて知ったが、興味が沸いた」という回答が最も多く、43.0%となった。「第4のがん治療法になりうる気がする」「有効な治療法に思えた」という期待の声が多かったが、一部「効果に関する他のグループからの報告の結果を知りたい」という意見もあった。

■「初めて知ったが、特に興味がある情報はなかった」は28.8%。「専門外なので興味はない」「興味がもてる段階ではない」というコメントが多くみられた。

■「知っていたが、新しい情報を得られた」という回答者は21.0%。さらに、「コストと効果が見合うか」「安全性や副作用は」「有効性はどうか」といった情報を求める声もあった。


▼総合結果


回答コメント(回答一部を抜粋)
「初めて知ったが、興味が沸いた」  1,461件
・癌に対する免疫療法は「あまり効果がない」という印象が強いが、逆に期待したい分野でもある。(40代、麻酔科)
・今までと異なるアプローチはとても興味深い。(40代、小児科)
・このような治療に関してはほとんど知りませんでした。(40代、一般内科)
・有効な治療法に思えました。(20代、一般内科)
・免疫療法でMSTには差がなくても、長期生存者が出ている点が興味深い。(50代、呼吸器内科)
・もう少し大規模に検討が進んで標準的なものになれば対応する。(50代、消化器内科)
・免疫療法も進化したものだと驚いています。(30代、産業医)
・ただ、抗ガン療法というものは、数か月の延命をもたらしても、治癒率が上昇しなければ、あまり意味が無いと感じます。(40代、消化器内科)
・興味はあるが、もっと効果に関する他のグループからの報告の結果を知りたい。発展を期待する。(70代、神経内科)
・切除不能癌に対して有効な治療法になり得ると考えた。(40代、一般内科)
・発赤反応で効き加減が予測できるという点に、興味を覚えました。(60代、循環器内科)
・臨床の場で一般化するのはまだ先のような気がします。(50代、一般内科)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング