【日本初上陸】渋谷キャストにて、UXデザインカンファレンス「Design Matters Pop-up in Tokyo」開催!

PR TIMES / 2020年1月15日 16時25分

最先端で活躍するSlack、Volvo Cars Labs、BBCなどの豪華デザイナー達が世界中から集結!前夜には、スピーカーと直接話せるミートアップも。

春蒔プロジェクト株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:田中陽明)が企画運営するクリエイター専用シェアオフィスのco-lab(コーラボ)は、クリエイターのための複合施設・渋谷キャストと協働して、「Design Matters Pop-up in Tokyo」および「UX JAM × Design Matters」の会場協力を行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-295132-10.png ]

デンマークのコペンハーゲンで毎年行われている千人規模のデザインカンファレンス、Design Matters。UI/UXデザインを中心に、北欧らしいクラフトでナードなデジタルデザインに関するトークやワークショップが行われる、「デザイナーによる、デザイナーのための、デザインのカンファレンス」です。

Design Matters は、2015年の設立以来、初めてコペンハーゲンを飛び出し、2019年1月29~30日に東京の渋谷キャストでポップアップを開催。最先端で活躍するSlack、Volvo Cars Labs、BBCなどの豪華デザイナーが世界中から集結します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-558032-18.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-860658-19.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-974393-20.jpg ]

co-labとしては、こういったすばらしい機会のサポートができることをとても栄誉に感じています。この機会を近隣地域へのクリエイティビティ還元や未来のクリエイター育成の助力にできればと考え、co-labがサポートして、Design Mattersヘッドデザイナーと編集長のお二人を近隣の私立中学高校へお連れし、クリエイティブや海外でのお仕事に関心のある生徒さん達との意見交換会も実施する予定です。


Design Matters Pop-up in Tokyo

Design Mattersのゴールは、現場で働くデザイナー達の生の声や、デザインの新たな動向を共有する場を提供することです。そのため、デザイナー達には制作の過程や挑戦したこと、アイデアの源泉をオープンに話すことをお願いしています。サービスの売り込みやつまらない話はお断りです。Design Mattersは、有能でビジョンを持った、オタクで責任感のあるデザイナー達が楽しく議論する場所なのです。
全ては、デザイナーの今と未来のために。

【日時】 2020年1月29日(水)~1月30日(木)10:00~18:00(9:00am開場)
【場所】 渋谷キャスト スペース(東京都渋谷区渋谷1丁目23−21 GF)
[画像5: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-335171-14.jpg ]


●●●  プログラム(予定)  ●●●

<Day1>
■TALK:Design Mattersへようこそ!(Ingrid Haug/Design Matters)
■TALK:失敗を受け止めよう(Rahul Lindberg Sen/Volvo Cars Labs)
■TALK:Hello,Design(Shun Ishikawa/Kesiki inc)
■WS :ユーザーの考えていること(Julie Søgaard/Usable Machine)
■WS :思いやりのあるソフトウェア(Andrew Schmidt/Slack)
■TALK:プロトタイプからラグジュラリー製品まで(Michael König/Bang & Olufsen)
■TALK:デザインすることをデザインする(Yuhki Yamashita/Figma)

<Day2>
■TALK:デザインへの回帰(Kay Jiahui Zhou/Designit)
■TALK:デンマークのデザイン哲学(Philip Linnemann/Kontrapunkt)
■TALK:クリエイティブ戦略(Michelle Morrison/Dropbox)
■WS :プロトタイプを作ろう(Michael König/Bang & Olufsen)
■WS :一緒にデザインするということ(Yuhki Yamashita/Figma)
■TALK:遊び、恋する、デザイン(David Bailey/BBC)
■TALK:デザインとライティングの両輪(Andrew Schmidt/Slack)
※詳細: https://designmatters.jp/program/
[画像6: https://prtimes.jp/i/25457/16/resize/d25457-16-736062-17.png ]

>>一部プログラムでは、以下のような内容を予定しております。

■Talk - Michael König/Bang & Olufsen(バング アンド オルフセン)
:プロトタイプからラグジュラリー製品まで
日本では洗練されたオーディオ製品で一躍有名になったBang & Olufsen。彼らの商品は今も進化しています。デザイナーのMichaelは、UXリサーチからハイテク製品をデザインする工程について、過去の事例を交えながらお話しします。

■Talk - Philip Linnemann/Kontrapunkt(コントラプンクト)
:デンマークのデザイン哲学
資生堂など、日本の大企業のデザインを長年支えてきたKontrapunkt。企業のブランディングやアイデンティティーを形に落とし込むことを強みとする、デンマークの大手デザイン事務所です。北欧の文化や哲学がどのように彼らの仕事へと繋がっているのかをお話しします。

■Talk - Kay Jiahui Zhou/Designit(デザイニット)
:デザインへの回帰
東京を含め世界15箇所にオフィスを構えるデザイン戦略ファームDesignit。サービスデザイナーのKayはDesignitのデザインプロセスを提示しながら、デザイナーの役割についてお話しし、問題解決に繋がるデザインを生み出す過程について学びます。

■Workshop - Andrew Schmidt/Slack(スラック)
:思いやりのあるソフトウェア
"Little moments: making software with a heart"と題し、ユーザの心を掴むデザイン、思いやりを感じるデザインをどのようにして生み出すのかを考えます。どんな表現なら相手に伝わるのか、ボタンに独自の機能名をつけるべきなのか、実際に手を動かして考えます。


●●●  チケット購入  ●●●

公式サイトよりご購入いただけます |  https://designmatters.jp/tickets/
※当日のスピーチは全て英語で行われますが、同時通訳を予定しています。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/25457/table/16_1.jpg ]




<Side Event> UX JAM × Design Matters

本編「Design Matters Pop-up in Tokyo」の前夜2019年1月28日には、オフィシャルパートナーとしてカンファレンスのホストを務める、UXデザイン専門WEBメディア「UX MILK」が主催となって、本編スピーカーを交えたミートアップ「UX JAM × Design Matters」を開催。ライトニングトークをしながら交流する「UX JAM」をベースに、日本語禁止、英語オンリーで進行。UXデザインを共通言語とした、国際交流の機会にしたいと思います。

●●●  開催概要  ●●●

日時 | 2020年1月28日(火)19:30-22:00(19:15開場)
場所 | 渋谷キャスト スペース(東京都渋谷区渋谷1-23-21)
参加費 | 1,000円
申込先 | https://uxmilk.connpass.com/event/162388/
※Design Matters Pop-up in Tokyoのチケットをご購入いただいた方は優先参加枠がございますので、「Design Mattersチケット購入者枠」からご応募ください。後にチケット購入者リストとの照合を行うため、当イベント応募時もチケット購入時のお名前をご記載お願いします。

●●●  プログラム  ●●●

■Denmark x Japan - cultural similarities and design thinking(Aya Okamura from ayanomimi)
■Criterias In Multilingual Typography(Kotaro Kokubo from GMO Pepabo)
■Power of design learned from Denmark(Tomoki Hirano from UZABASE & DSCL)
■Designers’ Value in Agile Team(Erika Ito from Pivotal Labs Tokyo)
■Shota Kawamura from Rakuten
■Ingrid Haug from Design Matters
※当イベントは英語に慣れるという目的から、ライトニングトーク・交流ともに英語で行われ、通訳はご用意しておりませんので、予めご了承ください。


企画制作

主催 / Design Matters
メディアPR / HereNow (CINRA Inc)
運営 / UX MILK ( Members Co.,Ltd.)
会場 / Shibuya Cast, co-lab/春蒔プロジェクト株式会社



リリース配信元

春蒔プロジェクト株式会社は、クリエイティブ産業の発展のために多角的に活動するクリエイションのプラットフォームであるシェアオフィス「co-lab」の企画運営を行う会社です。2003年、世界的にも先駆けてクリエイター向けのコワーキングスペースを立ち上げました。集合知を用いたコラボレーション型の制作システムにより、現代の複雑な課題をクリエイティブの力によって解決していきます。

社名    | 春蒔プロジェクト株式会社 (Harumaki Project co.,ltd.)
代表者   | 代表取締役 田中陽明
設立年月日 | 2005年1月13日
所在地   | 東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-lab渋谷キャスト
資本金   | 1,000万円
事業内容  | シェアオフィス「co-lab」の企画運営、様々なクリエイションのコンサルティング
URL    |  http://co-lab.jp

2017年5月に開業した渋谷キャスト内のシェアオフィス・co-lab渋谷キャストは、現在5拠点、総勢500名を超えるクリエイティブ・コミュニティco-labの本拠地であり、渋谷の未来を作るクリエイターの活動を支える拠点として機能することを目指しています。


会場協力

渋谷キャストは、旧渋谷川遊歩道(キャットストリート)の起点にあり、渋谷・原宿・青山・表参道エリアの結節点において、「WORK LIVE PLAY」をテーマに多彩なクリエイターが行き交い創造する活動拠点を目指しています。明治通りに面した広場ではキッチンカーが出店し、日々イベントが開催され、多目的スペースではアートの展示会やワークショップ、セミナーなど様々な活用がされています。その他、オフィス、店舗だけでなくシェアオフィス、中短期滞在者向けのサービスアパートメント、クリエイター向けの賃貸住宅など多面的な機能を備えた複合施設です。

施設名称 | 渋谷キャスト ( SHIBUYA CAST. )
住所 | 東京都渋谷区渋谷1-23-21
アクセス | 各線 渋谷駅 B1番出口より徒歩1分
URL |  http://shibuyacast.jp
事業主体 | 渋谷宮下町リアルティ株式会社
※東急株式会社、大成建設株式会社、サッポロ不動産開発株式会社 東急建設株式会社の4社が出資
敷地面積 | 5,020.09m²
延床面積 | 約35,000m²
階数地 | 地上16階、地下2階
設計者 | 株式会社日本設計・大成建設株式会社、一級建築士事務所共同企業体
施工者 | 大成・東急建設共同企業体

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング