1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

高専女子を対象とした新たなコンテスト 高専GCON2021(高専GIRLS SDGs×Technology Contest)を開催!

PR TIMES / 2021年8月27日 8時45分

みらい創造機構子会社の高専キャリアが協力

 独立行政法人国立高等専門学校機構(東京都八王子市、理事長:谷口功)は、日本経済新聞社と共催で、高専女子を対象とした新たなコンテスト「高専GCON (高専GIRLS SDGs×Technology Contest)」を開催します。
 このコンテストは、2022年の「高専制度創設60周年記念」の一環として、「高専におけるSociety5.0 型人材育成機会の拡大」、「女性技術者・研究者が少ない日本の現状打破」に向けて、有識者や企業、高専OB等と一緒に進めるプロジェクトとなります。
 コンテストは日頃から技術の社会実装に取り組んでいる高専女子が、SDGsの視点で社会課題の解決に向けた技術開発を競うもので、優秀な発表(6~8組)は、2022年1月22日(土)に開催する本選(成果発表会)で発表され、当日の模様は「日経チャンネル」でライブ配信されます。
 株式会社みらい創造機構(東京都渋谷区、代表取締役社長:岡田祐之)の子会社である株式会社高専キャリア教育研究所(東京都渋谷区、代表取締役社長:菅野流飛)は本コンテストに協力いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/48803/16/resize/d48803-16-f5d2364c9cd8f7f6d4d0-0.png ]

 本コンテストは、参加学生がSDGs(持続可能な開発目標)の理念やイノベーションを産み出す発想・行動などを学び、さらには日頃の研究や学習がSDGsの観点から社会課題に対してどう貢献できるか考え、提案するものです。コンテスト活動中に複数回のオリエンテーションをオンラインで開催。有識者、協賛企業、高専OB等の協力で、参加高専生に未来の研究者・技術者としてより成長する機会を提供します。
また日本経済新聞社メディアを通じて本コンテストを発信することで、Society5.0が掲げる様々な社会課題をデジタルテクノロジーで解決する未来人材の育成、OECD加盟国で最下位という日本の研究職・技術職の女性比率向上に向けた教育の拡大の必要性を社会に広く喚起します。
尚、今回は来年の「高専制度創設60周年記念」に向けたプレ大会として開催します。

参加対象者
・全国の国公私立高等専門学校の本科・専攻科に在籍する女子学生個人または学生チーム(2~6名)。チーム参加の場合は男子学生の参加も可能ですが、リーダーを女子学生、かつチームの半数以上は女子学生としてください。
・全てのオリエンテーションに参加できる方(録画視聴可)
・本エントリーに進む際には、サポート教員の方の登録が必要になります。
※ 応募資格に関して、ご不明な点はご相談ください。

高専GCON詳細


本コンテストにプレエントリーする高専生を対象に、各界で活躍する有識者や協賛企業、高専OBがサポーターとして「SDGs」「イノベーション」「女性技術者・研究者のキャリア」の理解・啓発促進をテーマとしたオリエンテーション(講演・ワークショップ)を行います。
プレエントリーした高専生は、オリエンテーションの内容を踏まえ、「SDGsの観点から、自分たちの取り組みが社会的課題に対してどのように貢献できるか!?」を応募します[本エントリー(一次課題の提出)]。
本エントリーしたチームのうち、本選に進出する6~8組のチームが選出され、二次課題の制作(動画作成)を行います。
本選進出チームは、2022年1月22日にオンラインで行われる本選(成果発表会)で動画によるプレゼンテーションを行い、審査が行われます。当日の模様は日経チャンネルでライブ配信して、全国に点在している57高専の高専生や地域社会のステークホルダー、また日経がカバーするビジネス層を対象に高専女子のチャレンジを発信します。
日経チャンネル:  https://channel.nikkei.co.jp/


スケジュール
 8月26日(木):プレエントリー開始
 9月22日(水):プレエントリー登録者対象説明会
 9月30日(木):プレエントリー締め切り
10月上旬~11月上旬:プレエントリー者向けオリエンテーション
11月12日(金):本エントリー(一次課題)締め切り
12月 1日(水):本選(成果発表会)進出チーム発表(6~8組を予定)
 1月14日(金):動画制作(二次課題)締め切り
 1月22日(土):本選(成果発表会)

主催者等
イベント名: 高専GCON2021(高専GIRLS SDGs × Technology Contest)
主催:独立行政法人国立高等専門学校機構
共催:日本経済新聞社
後援(予定・申請中含む):文部科学省、(一社)全国高等専門学校連合会
運営:高専GCON2021実行委員会
協力:横田アソシエイツ、高専キャリア教育研究所
高専GCON 詳細情報:
https://www.kosen-k.go.jp/gender/girl/gcon.html


株式会社高専キャリア教育研究所について

「高専生を、もっと挑戦者に」というミッションを掲げ、東京高専を卒業した代表菅野が2017年に設立。2,000名を超える高専生/高専卒業生のコミュニティを抱え、「ビジネスを理解したエンジニアの育成」をミッションとし、全国の高専生/編入生向けにキャリア開発プログラムを提供するオンラインプラットフォーム「高専キャリアONLINE」( https://online.kosen-career.tech/)、高専生特化型のキャリア教育セミナーやキャリア情報メディア「Curious」( https://curious-career.com/)、ビジネスアイデアを事業化支援するクラウドファンディング「Hello, world」の他、先進的な企業によるスポンサー実績をもつキャリアマッチングイベントを運営しています。2020年より、全国6万人の高専生/大学編入生を対象としたオンライン完結型ビジネスアカデミー「高専キャリアBusiness Design Lab」を開講し、世界に通用する“ビジネスを理解したエンジニア”の育成を推進しています。

所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F co-ba ebisu
代表者 :菅野 流飛
設立  :2017年10月
事業内容 :高専生特化型キャリア教育事業
URL   : https://online.kosen-career.tech/


株式会社みらい創造機構について

みらい創造機構は、2016年5月に東工大と社会連携活動の推進に向けた組織的連携協定を締結し、同年9月には、33.4億円の東工大関連ベンチャーキャピタルファンドを設立し、東工大に関連するベンチャーを創出・発展させる取組みや産学連携支援、人材育成支援を展開しています。投資実績としては、現在までに26社への投資を実行し、2019年に株式会社ツクルバ、2020年にKIYOラーニング株式会社、本年は株式会社QDレーザと、3年連続での上場を達成しております。
2020年に高専キャリア教育研究所を子会社化し、企業や大学と連携しながら、高専生や東工大生を中心としたキャリア教育やビジネスコンテスト、ハッカソン等を実施。技術と技術者によるイノベーションを人材育成の面からも推進しています。

所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F co-ba ebisu
代表者 :岡田 祐之
設立   :2014年09月
事業内容 :ハンズオンによるベンチャーキャピタル事業、スタートアップスタジオ事業、教育事業
URL   : https://miraisozo.co.jp/


独立行政法人国立高等専門学校機構について

社会が必要とする技術者を養成するため、中学生の卒業生を受け入れ、5年間一貫の技術者教育を行う高等教育機関として、現在、全国に51の国立高等専門学校(高専)を設置しています。
高専のカリキュラムは、実験・実習を重視した専門教育を早期段階から行い、研究成果の社会実装をターゲットとする研究活動の実践により、20歳の卒業時には大学を超える知識・技術が身につけられるものとなっています。卒業生は日本の産業や社会の発展を担う中心的な役割を果たし、ものづくり大国である日本を支えています。

「高専ってどんなところ?美羽のKOSEN探検」:小説のかたちで、高専がどんな学校かを紹介しています。
https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/resources/about/up/danjo202007/2020040602miu_new.pdf

高専は、ロボコンをはじめとする様々なコンテストやイベントを行っており、2021年10月20日(水)・21日(木)には高専と全国の企業・団体等との連携(マッチング)を目的としたイベント「KOSEN EXPO ~高専とつながる!高専で見つかる!~」を開催します
【URL】  https://entry.kosen-expo.com/

法人名 :独立行政法人国立高等専門学校機構
所在地 :東京都八王子市東浅川町701-2
代表者 :谷口 功
設立  :平成16年4月1日
URL  : https://www.kosen-k.go.jp/
事業内容:国立高等専門学校(高専)の設置・運営


日本経済新聞社について

日本経済新聞社は、加速するデジタル社会の担う人材の育成を進める「高専」に着目。2017年より、日経産業新聞で「高専に任せろ」編集特集を連載開始、社会のソーシャルドクターとしての高専生、高専OBの活躍を発信してきました。また年に1回、本特集を再編集した「日経産業新聞高専生向け特別版」を、国立高等専門学校機構等の協力で全国の高専への特別配布として発行してきました。
そして、2019年からは(一社)日本ディープラーニング協会とAIの社会実装、イノベーションで社会を変革しようという起業家教育・育成を目的に「高専生ディープラーニングコンテスト(高専DCON( https://dcon.ai/2022/)」を開催しております。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
◆イベント内容等
独立行政法人国立高等専門学校機構 男女共同参画推進室
TEL:03-4212-6822
e-mail:gcon@kosen-k.go.jp
◆高専GCONへのご協賛について
日本経済新聞社 メディアビジネス広告コミュニケーションユニットプロデュース部第2グループ
水無(080-8128-2981)、塩沢(080-8128-5922)
◆高専キャリア、みらい創造機構について
みらい創造機構
TEL:03-6311-6958
e-mail:info@miraisozo.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング