マーケットレポート「NYダウが過去最大の下げ幅」

PR TIMES / 2020年2月28日 15時55分

~新型コロナウイルス感染拡大で6日続落~

◆6営業日で3,500米ドル超の下落

27日のダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)は、新型コロナの感染拡大を嫌気して、前日比▲1,190米ドル下落し25,766米ドルと、大幅続落となりました。1日の下げ幅としては過去最大を更新しました。一方、安全資産である米国国債は買われ、米国10年国債利回りは過去最低を更新しました。

米国では初めて感染経路不明の事例が確認されたことや、企業の利益見通しが下方修正されたことなどが、投資家心理をさらに悪化させることとなりました。1~3月期の売上高が従来予想に届かない見込みとした米マイクロソフトやアップルなど、テクノロジーセクターが下げを主導し、原油相場の下落や金利の低下したことを受けエネルギーや金融セクターも下落しました。

「恐怖指数」である米VIX指数は、2015年のチャイナショック以来の高い数値となっています。

これを受けて28日の日経平均株価は下落しており、午前11時現在、前日比700円程度下落し、21,200円台での推移となっています。

◆今後の見通し、着目ポイント

新型コロナ感染が中国以外で広がりを見せており、対処法も確立されていないことから、短期的には先行き不透明な状況が続きそうです。また、来週以降、ISM(米供給管理協会)景況指数、米雇用統計など米国主要指標や、1-2月の中国主要指標が発表されますが、新型コロナのマイナス影響が懸念されます。

しかし、重要なことはその後のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)がどうなるかです。短期的なマイナス影響は避けられませんが、株式市場が落ち着きを取り戻した後は、ファンダメンタルズの良好な銘柄を中心に反発も期待されます。新型コロナの拡大が今後、どこまで広がるのかが注目されます。


▼詳細はこちらから。
https://www.smtam.jp/report_column/pdf/cat_03/HPNY20200228_091_k.pdf

▼マーケットレポートの過去分はこちらから。
https://www.smtam.jp/report_column/cat_03/

【 ご留意事項 】
●当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
●ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
●投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
●投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
●当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
●当資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。
●当資料で使用している各指数に関する著作権等の知的財産権、その他の一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。

商号:三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第347号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング