1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

オークネット総合研究所 消費者アンケートレポート ~コロナ禍のレンタルバイクに関する消費者意識調査~

PR TIMES / 2021年9月14日 18時45分

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎 清孝 代表取締役社長COO:藤崎 慎一郎、以下:オークネット)内研究機関であるオークネット総合研究所(所在地:東京都港区、理事長:佐藤 俊司)は、「コロナ禍のレンタルバイクに関する消費者意識調査」を実施し、その回答結果についてご報告いたします。



 コロナ禍におけるバイク利用機会の変化は、約7割が「変わらない」、2割が「増えた」と回答、また、コロナ禍でバイクの利用機会が増えた理由は、「3密を避けた移動手段」、「3密回避のレジャー(ツーリング)」が共に過半数越えるといった結果となりました。
 また、バイク免許を保有していても、日々の生活シーンにおける利用機会の少なさや、自転車や車で十分などの理由でバイクを保有していない人が多いものの、レンタルバイクの利用理由として、ツーリング・旅行などの趣味としての一時利用が大半ながら、日常生活(買い物、通勤通学)や購入前の試乗などの目的においても一定のニーズがあることがうかがえました。さらに、レンタルバイク利用者の8割以上で「バイクの購入意欲が出た」およそ4割で「実際にバイクを購入した」という結果となり、レンタルバイクの利用経験がバイクの購入にも寄与していることがわかりました。

■アンケート結果概要
・コロナ禍におけるバイク利用機会の変化は、約7割が変わらない、2割が増えたと回答した。

[画像1: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-e45e616466553764018a-0.png ]


・コロナ禍でバイクの利用機会が増えた理由は、3密を避けた移動手段として必要になったと7割が回答した。

[画像2: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-f46c774f5c6a6fca4d57-1.png ]


・バイク免許保有者のうち7割強が、現在自身のバイクを保有していないと回答し、保有しない理由の上位3項目は「利用する機会がない」「自転車や車で十分」「金銭面の負担」だった。

[画像3: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-29b68a748e45da72f8f2-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-251872ca98dc8e500a64-3.png ]


・レンタルバイクについて「知っている」と全体の5割弱が回答し、認知している人のうち2割強が「利用経験がある」と回答した。

[画像5: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-ad8feaf31c42d76a9bfb-4.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-a6c23c36b66eacfb6cc3-5.png ]


・レンタルバイクの利用目的の上位3項目は「ツーリング、旅行等の趣味利用」「買い物」「通勤・通学」だった。

[画像7: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-c1cab2d4710e2bb43a6e-6.png ]


・レンタルバイクの利用がきっかけで「購入意欲が出た」と全体の8割以上が回答した。

[画像8: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-a008273d3b964c2e4833-7.png ]

全設問・集計結果一覧
  https://www.aucnet.co.jp/wp-content/uploads/20210914_01.pdf
 ※その他、コロナ禍とコロナ収束後におけるお金の用途に関する設問・集計結果

■実施概要
調査方法 :二輪免許を保有している(※)20歳以上の男女 834人を対象にインターネット上にて実施
調査期間 :2021年8月20日(金)~2021年8月21日(土)
回答数  :660人
調査企画 :オークネット総合研究所
※原付免許、小型二輪免許、普通二輪免許、大型二輪免許のいずれかを保有している方
[画像9: https://prtimes.jp/i/71059/16/resize/d71059-16-0b415ab0e05216607e53-8.png ]


■オークネット研究所について
 オークネット総合研究所は、オークネット内研究機関として2001年1月に設立しました。これまで培った実績とネットワークを活用し、専門性、信頼性の高い情報を発信することで、更なる業界発展に寄与することを目指しています。

【オークネット総合研究所概要】
所在地:〒107‐8349 東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
理事長:佐藤 俊司
設立:2001年1月
活動内容:オークネット既存事業に関する調査レポ―トやその他業界貢献に関する調査研究
U R L: https://www.aucnet.co.jp/aucnet-reseach/

■オークネットについて
 オークネットは1985 年に世界初のリアルタイム中古車オンラインオークションを開始し、「あしたの流通を創造する」という理念のもと、中古デジタル機器、中古バイク、ブランド品など、多種多様な領域へと拡張し、二次流通の専門ノウハウや流通ネットワークを蓄積してまいりました。サステナビリティポリシーとして「価値あるモノを、地球規模で循環させる~Circulation Engine.(サーキュレーションエンジン)」を制定し、あらゆる「価値あるモノ」を「必要な人のもと」へ循環させる“循環型流通”の構築に取り組んでおります。
 また、本アンケート調査の関連事業として、バイクを乗りたい日時に合わせて全国の店舗から借りられるレンタルバイクのサービス「モトオークレンタルバイク」を展開しております。URL: https://rental.moto-auc.com/

【オークネット会社概要】
社名:株式会社オークネット
本社:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア (〒107‐8349)
代表者:代表取締役会長CEO 藤崎 清孝、代表取締役社長COO 藤崎 慎一郎
創業年月日:1985年6月29日
資本金:1,765百万円 (2020年12月31日現在)
連結売上高:24,078百万円(2020年12月期)
連結従業員数:821名(2020年12月31日現在)
事業内容:インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業
株式:東証第一部(コード番号:3964)
URL: https://www.aucnet.co.jp/

■株式会社オークネット・モーターサイクル  モトオークレンタルバイク担当
TEL:03-6400-2300 MAIL: info@biz.moto-auc.com
URL: https://rental.moto-auc.com/

■本リリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ
株式会社オークネット オークネット総合研究所
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp

※本資料を利用される際は、オークネットにご一報の上、提供元を「オークネット総合研究所」と明記してご利用ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング