現役俳優から学ぶ就職活動支援セミナー ~選考で「演技」にならないための表現力トレーニング~

PR TIMES / 2012年4月24日 15時13分

組織活性化に特化した組織・人事コンサルティングファーム:株式会社アクティブ アンド カンパニー(代表取締役 大野順也/東京都千代田区[以下、弊社])は、2012年5月10日(木)に現在就職活動中の学生を対象に俳優から学ぶ就職活動支援セミナーを実施いたします。本セミナーでは現役俳優の指導の下、面接時における表情の作り方や立ち振る舞い方、発声の仕方といった、自らの考えを効果的に伝える方法を学びます。

【背景】
 近年グローバル化・産業のサービス化が進行し、企業活動においてますますコミュニケーション能力が求められています。採用面においても、経団連の調査では8割以上の企業が「コミュニケーション能力を重視する」と回答しており、採用における重要な基準の一つになっています(※)。
 一方IT化に伴い、メールやインターネットのようなデジタル上の(非対面的な)コミュニケーションが主体になった学生にとっては、面接を始めとした対面でのコミュニケーションに不慣れな傾向が見受けられます。そのためせっかく、貴重な経験をしていたり、独自の考えをもっていたりしたとしても選考の過程でそれがうまく表現できず、結局わざとらしくなってしまうといった声がよく聞かれます。
※日本経済団体連合会「新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査」

 そこで、弊社は、対面的コミュニケーションのプロである現役俳優の指導の下、面接のような対面的コミュニケーションの場で、自分の考えをごく自然な形でかつ効果的に伝える方法を修得するための就職支援セミナーを開催します。

【概要】
・名称:現役俳優から学ぶ就職活動支援セミナー
~面接で「演技」にならないための表現力トレーニング~
・対象:現在就職活動中の学生
・日程:2012年5月10日(木) 10:00~12:30(受付開始9:30~)
・場所:株式会社アクティブ アンド カンパニー セミナールーム『桜』
・料金:無料
・定員:30名
・講師:石部 雄一 氏(スピカエージェンシー所属)

【講師プロフィール】
 文学座の早坂直家氏の元で芝居の勉強に励み、後に一番弟子となり、早坂氏の座学をまとめる立場にて演出補としても活躍。年間4~5本の舞台出演の合間に、演出家:カガミ想馬として後進の指導や演劇のプロデュース及び演出活動を展開。同時にコミュニケーションに特化した研修も提供している。
主な出演作品・・・舞台『いやいやながらに医者にされ』『命を弄ぶ男二人』『白亜の祝祭』『熱海殺人事件~ザ・ロンゲスト・スプリング~』『イエローズフェスティバル』『語り芝居の会「で・え・ぐ」』、自主映画『THE FROG IN THE WELL』PV『僕道1号「愛を乗せた電車」』、ビデオ『警視庁教養ビデオ』など多数

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング