「たちつてとちぎ」を合言葉に、平成27年産とちおとめプロジェクトがスタート!

PR TIMES / 2014年11月20日 18時37分

~46年連続日本一の生産出荷を目指す~



 とちおとめをPRするフレッシュメイト・とちおとめ25・トチゴくん 2014年11月14日(金)、ホテル日航東京にて、「平成27年産いちご王国とちぎ流通懇談会」が開催されました。本懇談会は、例年流通関係者の方々にお集まりいただき、栃木県産とちおとめに関する情報交換をさせていただく場です。懇親会と合わせて2部構成で執り行われました。

 第1部の情報交換会は全農栃木県本部運営委員会会長・高橋武の挨拶より開会しました。「栃木県は農業が盛んで、多様な青果物を出荷していますが、その中でも「とちおとめ」は中核をなす主力品目です。生産・出荷に関しては、昭和43年より45年連続して日本一で、今後も「いちご王国」の座を揺るぎないものとしていきたいと考えています。その為に、生産者とJAが一丸となって、消費者の皆様に十分な量のいちごを提供出来るように取り組んで参ります。」と表明しました。

 また、来賓として栃木県知事・福田富一様にもご登壇いただき、平成27年産の「とちおとめ」をはじめとしたいちご市場に大きな期待をお寄せいただきました。

 情報交換会では、JA全農とちぎの新しいキャッチコピーである「たちつてとちぎ」が紹介されました。これは、『た=太陽さんさん、ち=近くて新鮮、つ=作り手まじめに、て=手塩にかけた(手間ひまかけた)』からなるものです。

 続いて行われた懇親会では、宇都宮カクテル倶楽部代表幹事の清野一人様にとちおとめを贅沢に使用したカクテルのデモンストレーションを行っていただいたほか、「とちおとめ25」によるライブパフォーマンスなどが披露されました。会場には、「フレッシュメイト」や「トチゴくん」らも駆けつけ、来場者と写真撮影を行うなど、会場を大いに盛り上げていました。

 JA全農とちぎでは、平成27年産「とちおとめ」をいちご王国とちぎの中核をなす主力品目として、販売額225億円を目指します。「とちおとめ」の安定供給および品質の高位平準化に注力するとともに、より多くの皆様に「栃木のとちおとめ」を知っていただけるよう、今シーズンもより一層の販売活動を展開していきます。


とちおとめをPRするフレッシュメイト・とちおとめ25・トチゴくん


【登壇者コメント】

全農栃木県本部運営委員会会長・高橋武


農業を取り巻く環境は、 TPPや農協改革を始め、様々な問題に直面しており、大変厳しいものであると同時に、大きな変革期が到来しております。栃木県は多様な青果物を出荷していますが、 その中でも「とちおとめ」は昭和43年より45年連続で日本一の生産・出荷を達成した、中核をなす主力品目です。225億円の売上を目指し、 栃木県のいちご王国を揺るぎないものとしたいと考えています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング