フィギュア業界初の試み! 造形作家 竹谷隆之  海外向け作品の実現へ向け 米国キックスターター上で 全世界より資金調達!

PR TIMES / 2013年11月7日 12時58分

株式会社IDA〈 本社 : 東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田 3331 3階 303 / 代表:岡部淳也 〉 は、 同社クリエーターマネジメント部門に所属する、日本で最も優れたキャラクター造形家として知られる 竹谷隆之 のオリジナル作品「ニクネカムイ」の海外向けバージョン制作のため、米国クラウドファウンディング最大手 キックスターター上において、新プロジェクトを立ち上げた事を発表した。この彫刻作品は去る 2013年夏、IDA主催で行われた『 竹谷隆之の仕事展 』 におけるキービジュアル作品として制作された造形作品であり、今回キックスターターによるファンドが成立すれば、キックスターター限定バージョンとして全世界の支援者に届けられる。



■竹谷隆之 キックスターターサイト Character Sculpture by Japanese Genius TAKAYUKI TAKEYA
http://www.kickstarter.com/projects/ida/character-sculpture-by-japanese-artist-takayuki-ta

■竹谷隆之 公式サイト http://www.takeya.jpn.com/

■ 「ニクネカムイ」はアイヌ語で鬼
2013年7月に東京で開催された個展【竹谷隆之の仕事展】にて、キービジュアルとして制作されたオリジナル造形作品「ニクネカムイ」。その鬼気迫る迫力で展示会場にただならぬオーラを放つ胸像は、展示会への来場客の視線を釘付けにした。
「ニクネカムイ」は左右異なった表情を持つ。
左側面には、竹谷が魅力を感じてやまない縄文土器デザインの造形的特徴を取り入れた縄文のDNAを色濃く受け継ぐアイヌ民族の鬼「ニクネカムイ」が表現され、片方には、大陸から渡来したいわゆる弥生的な文化イメージを反映した鬼のデザインが造形された。原初的日本である縄文と渡来した勢力によって発達した弥生が融合・一体となったこのアートフォームは、切り離すことのできない日本のDNAそのものを左右非対称の鬼に例えた至極の作品である。

■ プロデューサーメッセージ
「竹谷隆之氏とは10数年来のお付き合いになります。アジア圏で最も優れた造形家であり、間違いなく日本を牽引するアーティストです。その卓越した観察力と繊細さが竹谷独特の世界観の源ですし、彼の作品からは
決して絵画や映像では味わえない満ち満ちた迫力と存在感が溢れ出てるんです。私は常々そんな竹谷氏の
作品を肉眼で見てもらえる機会を作りたいと思ってもいましたが、それ以上に氏の新たな未知なる創作ステージへのきっかけを作りたい、そう思っていました。そういう想いで、先日展示会を開催したのです。
そこで私はご来場頂いたお客様の興奮冷めやらぬ様を目撃し、展示会開催の手応えと同時に、『竹谷隆之の創作はまさにレジェンド!その才能を世界に示したい!』、そのような熱がふつふつと湧き上がってきたのです。海外の竹谷ファンに氏の独創的世界観をお届けする方法としては、キックスターターによるプロジェクト発足は絶好の機会だと思っています。今回のキックスターター企画を契機に竹谷隆之の才能が次のステージに昇華し、更にハイセンス、ハイクオリティー、そして斬新奇抜な創作活動に繋がることを願っております。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング