第21回「山本七平賞」受賞作が決定。正賞は川田稔著『昭和陸軍の軌跡』、奨励賞に中野剛志著『日本思想史新論』

PR TIMES / 2012年9月14日 9時26分



株式会社PHP研究所(京都市南区、代表取締役社長 清水卓智)は、この度、第21回「山本七平賞」の選考を行い、受賞作品を下記の通り決定いたしました。


………………………………………………………………


<山本七平賞 受賞作および受賞者>

◆正賞:『昭和陸軍の軌跡』(中公新書)

川田 稔著(かわだ・みのる)
1947年6月21日、高知県生まれ。名古屋大学大学院法学研究科博士課程修了。日本福祉大学教授、名古屋大学名誉教授。法学博士。専攻は、政治外交史・政治思想史。近代日本の政治外交史、政治思想史を専門とし、原敬、濱口雄幸、山縣有朋など主に大正期の人物を中心に研究を行っている。また、柳田国男を政治思想史的観点から研究している。主な著書に、『柳田国男の思想史的研究』『「意味」の地平へ』(以上、未来社)、『原敬と山縣有朋』(中公新書)、『激動昭和と浜口雄幸』(吉川弘文館)などがある。


◆奨励賞:『日本思想史新論』(ちくま新書) 

中野剛志著(なかの・たけし)
1971年10月25日、神奈川県生まれ。東京大学教養学部卒業。エディンバラ大学政治学部にて博士号取得。経済産業省を経て、京都大学大学院工学研究科准教授。本年5月より経済産業省に復帰。専攻は経済ナショナリズム。主な著書に、『TPP亡国論』(集英社新書)、『国力とは何か』(講談社現代新書)、『国力論』(以文社)、『自由貿易の罠』(青土社)などがある。


<選考経過>
選考会は9月13日午後5時から、「紀尾井町 福田家」で開催されました。選考会には、呉 善花、加藤 寛、中西輝政、養老孟司、渡部昇一の5名の選考委員が出席し、慎重なる討議の結果、正賞は『昭和陸軍の軌跡』(川田 稔著)、奨励賞は『日本思想史新論』(中野剛志著)と決定いたしました。


<選考理由>
選考会終盤に、候補は上記2作品に絞られました。
『昭和陸軍の軌跡』については、「関心分野にも視点にも広がりがあり、評論家としての今後の活動に期待できる」ことから正賞授賞となりました。
一方の『日本思想史新論』は「論の運び方、つなぎ方が見事。高い問題意識と説明意欲を評価」され、奨励賞授賞が決定いたしました。
なお、詳細は月刊誌『Voice』平成25年1月号(平成24年12月10日発売)にて発表いたします。


<贈呈式>
11月21日(水)午後6時より、帝国ホテル東京にて贈呈式を行う予定です。


……………………………………………………………………………………………

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング