ザイリンクス、無線バックホール ソリューション プロバイダーのモデサト(Modesat) コミュニケーションズ社を買収

PR TIMES / 2012年9月18日 12時12分



定評あるバックホール技術とデザイン ノウハウにより、ザイリンクスの All Programmable FPGA を用いた無線モバイルバックホール プラットフォームの市場投入時間を短縮


ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX)は 9 月 17 日 (米国時間)、モデサト コミュニケーションズ社(以下モデサト社)の大半の資産を買収すると発表した。モデサト社は業界をリードする能力とロードマップを有する、ハイ パフォーマンス無線バックホール ソリューション プロバイダーである。この買収により、モバイル バックホール プラットフォームに注力している OEM 企業が、ザイリンクスの
All Programmable 7 シリーズ FPGA および Zynq(TM)-7000 SoC にモデサト社の無線バックホール ソリューションを組み合わせて利用できるようになり、市場競争力の強化と差別化が可能になる。ザイリンクスの無線モバイル バックホール ソリューションは、現在市場で入手できる IP の選択肢が少ない OEM 企業に対し、市場投入までの時間を短縮できる実現可能な代替ソリューションを提供する。顧客は自社の IP を保持しながら、ザイリンクスの All Programmable FPGA と All Programmable SoC デバイスによるバックホール ソリューションとその柔軟性を活用できるため、市場投入までの時間短縮が可能になる。

ザイリンクスのシニア バイス プレジデント兼通信事業ユニット ゼネラル マネージャーであるクリシュナ ランガサイ (Krishna Rangasayee) は、「私たちはモデサト社を買収できてとても喜んでいます。同社の製品とテクノロジをザイリンクスの既存の無線ソリューションに取り入れることで、大切な顧客により優れたサービスを提供できるからです。無線モバイル バックホール アプリケーションに最適化されたトータル ソリューションを提供するため、ザイリンクスは一貫して顧客からフィードバックを受けてきましたし、顧客の要望に耳を傾け、自社のポートフォリオとロードマップを顧客のニーズに合わせてきました。モデサト社は相乗効果という意味でうってつけなのです。この買収は、ザイリンクスの無線マーケットへの真摯な取り組みと、シリコン、ソリューション IP、デザイン サービスの最高の組み合わせを顧客に提供することによって、顧客の差別化と市場での成功を支援するというザイリンクスの姿勢をいっそう確固たるものにします」と述べている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング