1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

9月6日(金)に原宿・竹下通りにオープンした商業施設「CUTE CUBE HARAJUKU」。 ECサイト「ATOMICBOXX」のリアル店舗に、チームラボカメラを導入 

PR TIMES / 2013年9月9日 10時44分

2103年9月6日(金)に原宿・竹下通りにオープンする商業施設「CUTE CUBE HARAJUKU」に、WEBサイト「ATOMICBOXX」のリアル店舗第一号店が出店、「チームラボカメラ」、「デジタルショウウィンドウシステム」を導入します。




2103年9月6日(金)、株式会社オルケスが運営するWEBサイト「ATOMICBOXX」のリアル店舗第一号店が、原宿・竹下通りの新しい商業施設「CUTE CUBE HARAJUKU」にオープンしました。今回は「チームラボカメラ」、「デジタルショウウィンドウシステム」を導入し、遊べるお店と原宿感を体感できるデザインを用意しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/7339/17/resize/d7339-17-680229-1.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/7339/17/resize/d7339-17-368789-3.jpg ]

「teamLabCamera」とは、自動的に撮影を行うFacebook連動型のデジタルサイネージです。サイネージの前に立ち、撮影ボタンを押すと自動的に撮影が始まり、様々な加工を施された画像が、特設 ページにアップロードされます。
スタートボタンを選択すると、画面に「ATOMICBOXX」のロゴやポップな吹き出し、ペンキのアニメーションが表示されます。制限時間内にポーズを決め、その瞬間を撮影。写真は自動で加工され、原宿のカワイイ・カルチャーが詰まったポップな写真が出来上がります。参加者が自由に背景を装飾するるので、
[画像3: https://prtimes.jp/i/7339/17/resize/d7339-17-236227-2.jpg ]

デザインのバリエーションは無限です。


完成した写真は「ATOMICBOXX」の公式ページ( http://p.tl/5Ymz)にアップロードされるので、自由にダウンロードやシェアすることができます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/7339/17/resize/d7339-17-783067-4.jpg ]

■ teamLabCamera(チームラボカメラ)とは
店頭やイベントスペースに設置する、新しい形のカメラ。デジタルサイネージとカメラ、モーションセンサーを組み合わせて設置し、来店者が撮影を行うと、撮影した画像を自動加工し、店舗やブランドのFacebookページにアップロードします。マンガ化、モノクロ化、色調補正、レイヤー合成など様々な加工が可能です。

ブランドイメージで加工された画像をソーシャル上に拡散させることで、来店者に楽しい体験を提供するに留まらず、WEBから実店舗に集客するO2O効果もあります。
http://www.team-lab.com/product/teamlabcamera/
■ デジタルショウウィンドウシステムとは
複数のサイネージを同期させ、ダイナミックな画像や映像を表示させるシステム。通常の看板広告とは違い、表示する画像や映像の変更が簡単で、タイムセールや新商品告知など、時間や場所に合わせた選択が可能です。
http://www.team-lab.net/portfolio/digitalshowwindow/digital.html

▼ATOMICBOXX CUTE CUBE HARAJUKU店
所在地:〒160-0023 東京都渋谷区神宮前1-7-1 1F
オープン日:2013年9月6日(金)
営業時間:10:00~20:00 
電話番号:03-6447-1375
http://cutecube-harajuku.jp/
http://www.team-lab.net/latest/case/atomicboxx.html
▼ATOMICBOXXとは
LIP SERVICE、JURIANO JURRIE、Noela等…人気ブランドが集結。オルケスブランドを扱う直営ECサイト。
http://atomicboxx.com/shop/default.aspx
▼株式会社オルケスとは
http://orches.co.jp/

■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。
<主な実績>
「百年海図巻」と「チームラボハンガー」が文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出(2011)。カイカイキキギャラリー台北で『生きる』展開催(2011)。フランス「LAVAL VIRTUAL」にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を展示し、「建築・芸術・文化賞」賞を受賞(2012)。台湾美術館にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。シンガポールで行われた国際アートフェア「Art Stage Singapore 2013」にて「Nirvana」を発表(2013)。台北市立美術館『Parkett – 220 Artists’ Editions & Collaborations since 1984 +5』にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を展示(2013)。タッチパネル式の次世代受付システム「FaceTouch」と成田国際空港に常設展示中の「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が デジタルサイネージアワード2013を受賞。
なお、今後の予定として、「新作」を『かごしまアートフェスタ2013』(霧島アートの森)にて展示予定(9月26日~9月29日)。
チームラボ株式会社
http://www.team-lab.com/
チームラボ作品紹介
http://www.team-lab.net/
■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング