コール ハーン

PR TIMES / 2014年7月9日 9時26分

革新的シューズ ゼログランド オックスフォード ブローグをローンチ

コール ハーンが驚きの軽さを実現した革新的なメンズシューズ、ゼログランドをローンチ



2014年7月8日 ニューヨーク

アメリカのアイコン、ライフスタイルフットウエア・アクセサリーブランドである

コール ハーンは、メンズの新しいシューズ“ゼログランド”をグローバルにローンチする事を発表いたします。

ゼログランドは7月7日からコール ハーン銀座本店と伊勢丹新宿店・メンズ館で発売を開始し、7月8日からはアメリカのコール ハーンストアとオンラインストアで発売いたします。


ゼログランドはコール ハーンがこれまでに発売したシューズの中で最も軽く柔軟性に優れています。

その重量はわずか約290グラム*。運動力学的、製造方法を見直し、伝統的なシューズを今日の技術と融合させました。

コール ハーンの最高経営責任者、ジャック・ボーイズはゼログランドについて話します。

“技術の革新はコール ハーンのヘリテージとクラフトマンシップの一部であります。

これは、我々の新しいクッショニングシステム、グランドOSとゼログランドの開発を大いに意味しています。”

“グランドOSは足に快適な3つの要素で成り立っているオペレーションシステムです。

すばらしい屈曲性、軽量化、向上したクッション。これらの要素をシューズの適材適所に搭載し、他にはない履き心地を実現させています“と、ジャック・ボーイズはさらに詳しく述べています。

グランドOSはインソール、アウトソール、ライニングそしてアッパーが足と一緒に動くように設計されています。反発力を生むことで歩く時の一歩をサポートします。また、多くのシューズに使用され続けているスチールシャンクとは違い、より強く、柔軟で耐久性のあるクッショニングを採用し、靴全体の軽量化とスリム化を実現させています。

コール ハーンのチーフ マーケティング オフィサーであるデービッド・マドックスは

“ゼログランドの特徴は最高な技術を用いて美しく作られているという事実です。我々は何も妥協せずに開発に携わりました。常識に囚われないことが進化するビジネスであることを意味しています。”と語っています。

グランドOSのシステムを担ったゼログランドの最も特徴的なものが、ゼログランドオックスフォードと言えるでしょう。
アッパーのパーフォレーションはゼログランドオックスフォードの特徴でありこの伝統的なブローグがゼログランドをさらに軽量化し革新的なシューズに仕上げております。
ゼログランドは、ゼログランドオックスフォード発売に続き、今秋にはゼログランドトールブーツを発売する予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング