「アベノミクス」効果で国内の採用市場が活発化‐ヘイズ、2014年 4- 6月期の採用動向のレポートを発表

PR TIMES / 2014年4月16日 15時14分

【東京:2014年4月9日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、2014年4月から6月までの採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、日本の採用市場は着実に上向いており、中でも人事ビジネス・パートナー、規制業務プロフェッショナル、プロジェクト・マネージャー、セールス・プロフェッショナルの需要が高まることが予想されています。

ヘイズの最新の採用動向予測によると、今後、人材の需要が高まることが予想されるいくつかの職種の中でも特に、人事、営業・マーケティング、不動産、ライフ・サイエンスの分野で人材不足が目立っています。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「昨年、金融の量的緩和を含めた、いわゆる『アベノミクス』と呼ばれる安倍政権の一連の景気浮揚策がようやく効果を表し始め、企業利益拡大の土台が固まったことで日本経済の回復に弾みが付きました。

今月の消費税引き上げに至るまで日本経済は好調な兆しを見せ、企業や消費者の間で消費税引き上げ前の駆け込み需要があったこともあり、今年1月の工業生産高は、2011年6月以来の高水準を記録したほか、小売売上高は2012年4月年以降最大の伸びとなっています。

こうした中、人材市場における競争は激化し、適切な人材の確保が大きな課題となっている企業も見られます。さらに派遣や契約社員の採用枠も埋まってきており、こうした人材の確保も次第に難しくなり始めています」

ヘイズによれば、現在、国内で強い需要がありながら人材が不足している分野の1つに、人事関連分野が挙げられます。サンプソンは「いくつかの企業では今年、採用枠の拡大を予定しており、採用や給与関連業務、あるいは研修や能力開発等を担当する人事部門のスタッフの増員が必要になっています」と指摘しています。

「また、ライフ・サイエンス分野でも採用活動が活発化しており、規制関連業務を専門とする正社員の需要が拡大しており、この分野については特定の領域の専門家や管理職レベルの人材を中心に、ほぼすべてのレベルで人材が求められています」

同様に需要が拡大しているのが、プロジェクトおよび建設の管理、設計、建築関連のプロフェッショナルです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング