DHL Expressが新たにスポンサーするトム コロネルが2015 FIA WTCC日本ラウンドに登場

PR TIMES / 2015年9月15日 15時8分

国際エクスプレス業界のグローバルリーダーであるDHL Expressが新たにスポンサーするFIA 世界ツーリングカー選手権(FIA WTCC)ドライバー、トム コロネルが、2015年9月12日(土)・13日(日)にツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で実施された2015 FIA WTCC日本ラウンドに登場しました。また会場では、DHLジャパンが運営するお客様向けプログラム「DHLサンクスクラブ」の特別企画『WTCCキャンペーン』に当選されたお客様向けに、トム コロネルがドライビングテクニック体験会も実施しました。



[画像1: http://prtimes.jp/i/13552/17/resize/d13552-17-910811-2.jpg ]

              DHLカラーのマシンについて説明するトム コロネル


[画像2: http://prtimes.jp/i/13552/17/resize/d13552-17-344440-3.jpg ]

           トム コロネルが運転する車に同乗し、お客様が運転技術を体験           


DHLはグループとして、FIA世界ツーリングカー選手権(FIA WTCC)のオフィシャルロジスティクスパートナーを2010年より務めており、WTCCレース運営に必要な全ての車両および装備の国際輸送を担っています。

WTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)は、モータースポーツの最高峰として、世界の自動車レースを統括するFIA(国際自動車連盟)が『世界選手権タイトル』として与えている3つのレースのうちのひとつです。WTCCは、「FIA世界ラリー選手権(WRC)」、「FIAフォーミュラワン世界選手権(F1)」と並ぶ世界の頂点に位置するレースです。

【DHLの概要】
DHL - 世界のロジスティクス企業
DHLはロジスティクス業界のグローバルリーディングブランドであり、国内及び国際小包配達、国際エクスプレス(国際航空貨物輸送)、陸上、航空・海上輸送から、産業別サプライチェーンマネジメントまで、DHLグループ内の各部門により、他社の追随を許さないロジスティクスサービスのポートフォリオを提供しています。世界220以上の国・地域で32万5千人以上の従業員が、人々やビジネスを安全かつ確実に繋ぎ、グローバル貿易の流れを実現しています。DHLは、Eコマース、テクノロジー、ライフサイエンス&ヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業別ソリューション、および成長市場向けソリューション、企業責任への確かなコミットメントおよび発展市場における比類なき事業基盤から、今や「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。DHLは、ドイツポストDHLグループ傘下のブランドで、グループ全体の2014年の売上は560億ユーロ超に達します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング