1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Fintertech、貸付型クラウドファンディングサービス 「Funvest(ファンベスト)」を11月24日より提供開始

PR TIMES / 2021年11月24日 19時15分

株式会社大和証券グループ本社(以下、「大和証券グループ本社」)と株式会社クレディセゾン(以下、「クレディセゾン」)の合弁会社であるFintertech株式会社(以下「Fintertech」)は、「未来をわかちあう投資」を提供する貸付型クラウドファンディングサービス「Funvest(ファンベスト)」(以下、「本サービス」)の提供を本日11月24日より開始し、会員登録申込の受付をスタートしましたので、お知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/56375/17/resize/d56375-17-e2d4e7349c457c940a9b-0.png ]

本サービスは、投資家の皆様からお預かりした出資金をもとに、国内外の借手に貸付を行う貸付型クラウドファンディングサービスです。

投資家の皆様は匿名組合出資としてファンドに出資を行い、Fintertechが資金運用を行います。借手から得られる金利収入が投資家の皆様へのリターンの源泉となり、自ら運用管理を行うことなく、リターンの獲得が期待できます。

本サービス名称である「Funvest」とは、Fun(楽しい)+Invest(投資)から生まれた造語です。大和証券グループ本社とクレディセゾンの両社において培った金融ノウハウとFintertechの技術力との融合により、ファンド発掘から運営まで、厳格な審査体制のもと、安心して楽しみながら投資できる投資機会を提供いたします。

当初は個人のお客様向けに本サービスの提供を開始いたしますが、今後より多くのお客様にご利用いただけるよう法人のお客様向けの提供も検討してまいります。


貸付型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」WEBサイト

https://ftt-funvest.jp/


本サービスでご提供するファンドについて

本サービスは、国内の不動産業を営む法人(不動産SPCを含む)、海外のファイナンス会社(銀行、ノンバンク)を貸付先とし、想定利回り2~3%中心のミドルリスク・ミドルリターンのラインナップを提供していく予定です。大和証券グループ本社、クレディセゾンのネットワークを活用し、国内外の質の高い借手を厳選しつつ、SDGsや社会貢献につながるファンドもお届けしていきます。
第1号ファンドは、モンゴル国の商業銀行「Trade & Development Bank of Mongolia, LLC(モンゴル貿易開発銀行)」に対し、同行が行うSDGs関連事業向け融資を資金の目的として貸付け運用するファンドです。為替ヘッジありの商品となっており、米ドル建てで貸付を行いつつ、為替へッジを行うことで為替リスクの低減を図った商品となっております。


Fintertechについて

Fintertech は、大和証券グループ本社及びクレディセゾンがそれぞれ創業来培ってきた金融ビジネスのノウハウを礎としながら、最先端のテクノロジーの活用や外部企業との連携により次世代金融サービスを機動的にかつ柔軟に創出することを目指しています。

暗号資産を担保とする「デジタルアセット担保ローン事業」、オンライン投げ銭SaaSの「KASSAI事業」、投資目的で不動産を購入する際の資金を融資する「不動産投資プライムローン」を展開しています。


会社概要


[表: https://prtimes.jp/data/corp/56375/table/17_1_57b914e0d9ec95f097cda11a8c14ef48.jpg ]




貸付型クラウドファンディングに関する注意事項

・本サービスの会員登録・ファンドのお申込みにつき、登録料・口座管理費用・申込手数料はかかりません。ご出資の際の出資金の送金手数料は、お客様にご負担いただきます。分配・償還時の送金手数料は、Fintertechが負担致します。
・Fintertechは、出資金額又は貸付金額に対し一定の料率にて計算した金額を、営業者報酬として、出資金又はファンドの収益より収受致します。詳しくは、各ファンドの交付書面をご確認ください。
・出資完了後は、途中解約を行うことができません。また、匿名組合契約約款に定める一定の事由により、契約の解除・譲渡が発生した場合は、出資金に対し一定の料率にて計算した解除手数料・譲渡手数料を収受致します。
・「想定利回り」は、投資家の皆様への分配金(貸付による金利等の収入から、営業者報酬その他の諸費用を差し引いて計算されます)の見通しを元に算定した年換算利回り(税引前)であり、将来の運用結果を保証するものではありません。
・匿名組合契約に基づくお客さまの出資金については、元本保証されるものではなく、本借入人に対する貸付債権の財産的価値、営業者の信用状況等により損失が発生するおそれがありますので、十分ご注意下さい。
・海外向けに貸付運用を行うファンドにおいては、海外通貨と日本円の間の為替相場の変動によって、貸付額の円換算額よりも返済された元本額の円換算額が少なくなり、損失が発生する可能性があります。
・詳しくは、当該ファンドの契約締結前交付書面等の交付書面、ファンドの募集ページに記載されておりますので、内容を十分にご理解いただき、お客様ご自身の判断と責任にて投資を行っていただきますようお願い申し上げます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください