「BCN AWARD 2014」 デジタルフォトフレーム‘最優秀賞’を2年連続受賞

PR TIMES / 2014年2月4日 15時16分



世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、株式会社BCN(以下、BCN)が発表した『BCN AWARD 2014*』にて、2013年に続き、デジタルフォトフレームの年間販売トップシェアメーカーであることを表した‘最優秀賞’を受賞しました。

「09年に初めてデジタルフォトフレームを発売以降、写真の交換機能だけにとどまらず、最新の通信や、動画の再生、12年にはフルセグ視聴と防水対応を図り、トップメーカーとして常に市場をリードして参りました。今後も、最新の技術を駆使し、優れたユーザー体験を提供する製品を展開して参ります」とデバイス プレジデント ゴ・ハは述べています。


ファーウェイ・ジャパンは、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社の3社にデジタルフォトフレームを提供しております。

ソフトバンクモバイルから好評発売中の最新製品『PhotoVision TV 202HW』は、防水に対応し、地デジを楽しめるフルセグ搭載した3G通信機能付きデジタルフォトフレームです。

* 「BCN AWARD2014」は、BCNが集計する全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップの実売データに基づき、2013年1月1日から12月31日の期間における販売台数累計第1位のメーカーを表彰する賞です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング