ホテル業界におけるソーシャルメディア活用に関する調査を実施。従業員は総じて慎重姿勢、ガイドラインの必要性を認識

PR TIMES / 2012年2月14日 16時19分



ホテル・旅館の資産管理&運営支援会社であるアビリタス ホスピタリティ株式会社(所在地:東京都港区六本木6-7-6 六本木アネックス、代表取締役:エルネスト ア デリマ)は、ホテル業界におけるソーシャルメディア活用の有効性とリスクについて検証し、今後の取り組みに生かすため、グループホテル従業員400人を対象にアンケート調査を実施しました。(内、回答者は240人・回答率60%)

今回の調査で明らかになった点は以下の通りです。特に、4.、5.の自社のマーケティングへの活用に関しては、影響力は実感しながらも慎重な姿勢が見られることや、ガイドライン構築の必要性を強く感じていることがわかりました。当社では、グループホテル・旅館を対象に、ウェブマーケティングセミナーをはじめとした各種研修を提供しており、ソーシャルメディアに関しても引き続き支援を行っていく予定です。

1. ソーシャルメディアのアカウント保有率は52.9%。女性および若い世代ほど高い
2. Facebookの人気が顕著。利用者数はmixiが最多だが、投稿頻度はFacebookのほうが
  高い。アカウントを持っていない人の中で、今後使ってみたいのはFacebook、
  Google+、Twitterの順
3. ソーシャルメディアの信頼度は「ある程度信用している」を含めると約半数近くにのぼる
4. 「積極的にホテルのマーケティングに使うべきか」には「わからない」が56.7%。影響力
  は実感しているものの、運用体制のハードルや、費用対効果は未知数と考えている人が多
  い
5. 72.5%がガイドラインの必要性を感じている。自身の投稿時には、個人が特定される可能
  性を認識し、発言内容に配慮する人がほとんどで、モラルは高い


■■■ ソーシャルメディアのアカウント保有率は52.9%。女性および若い世代ほど高い

Twitter、ブログ、Facebook、Google+のうち、ひとつでもアカウントを取得しているのは全体の半数以上。特に女性は64.5%で、ソーシャルメディアへの関心の高さがうかがえます。年代別に見ると、若年層ほどアカウント保有率は高く、20代では83.9%となりました。


■■■ Facebookの人気が顕著。利用者数はmixiが最多だが、投稿頻度はFacebookのほうが高い。アカウントを持っていない人の中で、今後使ってみたいのはFacebook、Google+、Twitterの順

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング