イトーキ2013年度新製品を発表 あらたなワークスタイルへの「ツギノ、カタチ」を提案

PR TIMES / 2012年11月21日 11時32分



株式会社イトーキ(代表取締役社長:松井 正/大阪府)は、2013年度より新発売するオフィス家具を発表いたします。今回の新製品は、あらたなワークスタイルの提案として「ツギノ、カタチ」をお客様にお届けする製品として開発したものです。アイテムとしては9品目で、上質で、機能的な環境を構成する「インフューズグランデ」、「インフューズケースグッズ」、「テーブルDFシリーズ」をラインナップし空間を意識して開発したチェア「プレクサスα」も揃えました。
またオフィスチェアの品揃えも充実させ、メッシュバックのラインナップを増やした「f(エフ)チェア」と、どなたにも親しみやすいメッシュチェアとして「colt(コルト)チェア」を新製品として発売いたします。コミュニケーションスペースやロビースペースなど幅広く利用でき、様々な空間を演出する「ラウンジチェアUBシリーズ」や、省エネオフィスを実現するための「エクタル・フロアアンビエントタイプ」など、明日のオフィス環境を見据えた製品を発売いたします。

---------------------
製品ラインナップ
---------------------
■INFUSE Grande「インフューズグランデ」(2013年1月発売予定)

エグゼクティブやレセプションエリアの大型会議テーブルとして、マネージャークラスの大型天板ワークステーションとして、オーダーメイド感をもつマルチパーパステーブル。多彩なサイズバリエーションに加え天板材質や天板の配線口の有無、クレデンザ脚をセレクト可能です。大容量の配線機能はICTツールに柔軟に対応。豊富なスペックとオプションを備え、多様化するマネージャークラスのワークスタイルにお応えします。

■INFUSE Casegoods「インフューズケースグッズ」(2013年1月発売予定)
マネージャーエリアのニュースタンダードとして、スタイリッシュなデザインと高い機能性を兼ね備えたデスク&キャビネットシリーズです。モバイルツールが使いやすい大容量の配線機能、ICTツールと組み合わせたビジュアルミーティングなどハイレベルなマネージメントワークに対応。ユニットは建築グリッドを意識したモジュールを採用し、ケースパターンを選ぶだけで個室空間を演出できます。

■Table DF series 「テーブルDFシリーズ」(2013年1月発売予定)
存在感とオリジナリティあふれる脚形状は、端側に座っても脚が当たらず、脚部の立ち上げ配線を標準装備するなど機能も充実。最大W5600×D1500まで対応可能なミーティングテーブルです。脚仕様にはポリッシュ仕様もご用意し、天板形状は角型・ボート型・両アール型・円型・台型から選べます。

■Plexus α「プレクサスα」(2013年2月発売予定)
シンプルなバックビュー、縫製・張り加工の美しさが、役員会議室等のエグゼクティブ空間に調和。ロッキング角度をお好みの場所で固定できるシートアングルストッパーや、ガス上下調節が手元で操作可能。腰部を包み込む形状、肩部を支えるサポート形状、身体に触れる部位のカバーリングで心地よさを提供するチェアです。

■f mesh back type「fチェア・メッシュバックタイプ」(2012年12月発売予定)
「フィット&フリー」という新しい姿勢保持を実現したエフチェアに、メッシュバックタイプが登場しました。張地は表裏で異なる顔を持つ新素材ストライプレイヤーファブリックと、7色のバリエーションで展開するプレーンメッシュの2タイプ。ほどよいホールド感と爽やかな感触が快適な座り心地をお届けします。

■colt「コルトチェア」(2013年1月発売予定)
誰にでも親しみやすいメッシュチェアの登場です。背もたれのメッシュの通気性、ゆったりした座面幅、フィット感のある腰部で心地よい着座を実現。高さ・幅を確保した背フレームにより安心感のあるロッキング。ハードな使用にも耐えるクオリティの高さとシンプルなデザインでワークシーンに軽快感を届けます。

■Ipsa chair「イプサチェア」(2013年1月発売予定)
腰部はしっかりフィット、肩は自由に動かせる背の形状。疲れにくいうえに身体の動きを妨げず、長時間の研修や会議を、アクティブかつ快適に行えるチェアです。背は、クッションタイプと樹脂メッシュタイプをご用意。ロッキング機構もセレクト可能で、背と座がリンクして動き、リラックスした姿勢をとることができます。


■Ectal floor ambient type 「エクタル フロア アンビエントタイプ」(2013年度発売予定)
省エネ快適照明システム「エクタル」に、フロアアンビエントタイプをラインナップ予定です。フロアスタンド型なので家具に依存せずに設置できます。ミーティングエリアなどにも利用でき、既存のオフィスへの導入も容易です。ワークステーションへの固定や、床面への固定にも対応します。

■Lounge chair UB(2013年1月発売予定)
(Lounge chair UB Lobby space 「ラウンジチェアUB ロビースペース」、Lounge chair UB Creative space 「ラウンジチェアUB クリエイティブスペース」)
「ベース+シート+スペース」を自在にセレクト。ウェイティングからワークサポートまで、多彩な組み合わせでロビー空間に、ただ待つというだけではない上質で新しい機能的空間を演出します。また、昨今求められているクリエイティビティあふれるオフィス空間を創出するアイテムとして活用いただけます。


(※各画像はこちら ⇒ http://prtimes.jp/a/?f=d4227-20121121-3894.pdf

ワーカーの働き方を支えること、組織を円滑にマネジメントすること、人材育成し可能性を引き出すこと、企業の成長の持続をめざすこと。オフィスを紐解くと、たくさんの課題が見つかります。イトーキでは、これらの課題に対応したオフィスの未来を実現する「ツギノ、カタチ」をご提案します。そして生み出される新しいオフィスをプロダク
トのツギノ、カタチで支えてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング