イトーキ2013年度新製品を発表 あらたなワークスタイルへの「ツギノ、カタチ」を提案

PR TIMES / 2012年11月21日 11時32分



株式会社イトーキ(代表取締役社長:松井 正/大阪府)は、2013年度より新発売するオフィス家具を発表いたします。今回の新製品は、あらたなワークスタイルの提案として「ツギノ、カタチ」をお客様にお届けする製品として開発したものです。アイテムとしては9品目で、上質で、機能的な環境を構成する「インフューズグランデ」、「インフューズケースグッズ」、「テーブルDFシリーズ」をラインナップし空間を意識して開発したチェア「プレクサスα」も揃えました。
またオフィスチェアの品揃えも充実させ、メッシュバックのラインナップを増やした「f(エフ)チェア」と、どなたにも親しみやすいメッシュチェアとして「colt(コルト)チェア」を新製品として発売いたします。コミュニケーションスペースやロビースペースなど幅広く利用でき、様々な空間を演出する「ラウンジチェアUBシリーズ」や、省エネオフィスを実現するための「エクタル・フロアアンビエントタイプ」など、明日のオフィス環境を見据えた製品を発売いたします。

---------------------
製品ラインナップ
---------------------
■INFUSE Grande「インフューズグランデ」(2013年1月発売予定)

エグゼクティブやレセプションエリアの大型会議テーブルとして、マネージャークラスの大型天板ワークステーションとして、オーダーメイド感をもつマルチパーパステーブル。多彩なサイズバリエーションに加え天板材質や天板の配線口の有無、クレデンザ脚をセレクト可能です。大容量の配線機能はICTツールに柔軟に対応。豊富なスペックとオプションを備え、多様化するマネージャークラスのワークスタイルにお応えします。

■INFUSE Casegoods「インフューズケースグッズ」(2013年1月発売予定)
マネージャーエリアのニュースタンダードとして、スタイリッシュなデザインと高い機能性を兼ね備えたデスク&キャビネットシリーズです。モバイルツールが使いやすい大容量の配線機能、ICTツールと組み合わせたビジュアルミーティングなどハイレベルなマネージメントワークに対応。ユニットは建築グリッドを意識したモジュールを採用し、ケースパターンを選ぶだけで個室空間を演出できます。

■Table DF series 「テーブルDFシリーズ」(2013年1月発売予定)
存在感とオリジナリティあふれる脚形状は、端側に座っても脚が当たらず、脚部の立ち上げ配線を標準装備するなど機能も充実。最大W5600×D1500まで対応可能なミーティングテーブルです。脚仕様にはポリッシュ仕様もご用意し、天板形状は角型・ボート型・両アール型・円型・台型から選べます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング