世界初マンション向けエネファーム導入!エネルギー、環境、コミュニティなどを“シェア”する「BRANZ SHARE DESIGN」を採用 全356邸南向きのビッグプロジェクト 「ブランズシティ品川勝島」

PR TIMES / 2014年3月7日 14時54分

3月下旬モデルルームオープン

東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:金指 潔)は、品川区勝島において開発を進めている、エネルギー、環境、コミュニティなどをシェアする「BRANZ SHARE DESIGN」をコンセプトに採用した、「ブランズシティ品川勝島」のモデルルームを、3月下旬にオープンいたします。



「ブランズシティ品川勝島」は、人々の「エネルギー問題への関心」、「防災意識の向上」、「家族・地域との“絆” 重視」という社会的関心の高まりを機に、環境共生に寄与する住まいとして開発が開始されました。
世界初のマンション向けエネファームを導入するほか、エネルギー、モビリティ、勝島の森、パッシブデザイン、防災、コミュニティの 6つを“シェア”することで、
省エネ・省CO2の暮らしを実現する「BRANZ SHARE DESIGN」をコンセプトとして採用。
マンションという、そもそも土地と建物を“シェア”する暮らし方の中に、従来のマンションで行われてきた以上の“シェア”を取り入れることで、
環境や住まい、家族にとっての大きな価値を作りだすことを目指しています。

また、「ブランズシティ品川勝島」は、
国土交通省「平成25年度(第2回)住宅・建築物省CO2先導事業」に採択 された「東急グループで取り組む省CO2推進プロジェクト」の第一号物件です。
今後、本物件は、グループ内の各社が連携し、住宅に先進的な省エネ措置を導入し、産学協同の検証を通じて、
より実効性のある省CO2施策の波及・普及を目指すプロジェクトの場として、活用されていく予定となっています。


◆「ブランズシティ品川勝島」の主な特徴

4駅3路線の利用が可能 ~品川直通5分の好立地~
・ビジネスの集積地であり、都心にほど近いJR「品川」駅から3.2km、直通5分の好立地。
・京浜急行本線「鮫洲」駅(徒歩11分)、りんかい線「品川シーサイド」駅(徒歩14分)、

東京モノレール「大井競馬場前」駅(徒歩8分)と、4駅3路線が利用可能。
・徒歩2分のバス停から品川駅へは約20分、通勤時間帯は6分間隔でバスが運行。

緑道と運河に囲まれた全356邸南向き物件 ~大型スーパーまで徒歩5分圏内~
・都立京浜運河緑道公園や大井ふ頭中央海浜公園など、緑豊かな大型公園が徒歩圏内に数多く点在。
・大型スーパー「ウィラ大井」「パトリア品川」まで徒歩5分圏内。

低炭素建築物への認定
・都市の低炭素化の促進に関する法律(略称:エコまち法)で定められた「低炭素建築物」に認定されたことにより、
標準プラン選択時に税制の優遇措置適用を受けることができる他、住宅ローンフラット35Sの適用、光熱費の低減が可能。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング