【Ad Arch株式会社】動画広告制作におけるフルリモート・オンライン対応について

PR TIMES / 2020年5月4日 18時29分

動画広告制作の完全リモート対応

Ad Arch株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:白川 裕喜)は、新型コロナウイルス感染症対策に関する政府発表の基本方針等を踏まえ、お取引先の皆様および社員の健康面に配慮し、動画制作業務における完全オンライン対応サービスを継続します。



[画像: https://prtimes.jp/i/18839/18/resize/d18839-18-782094-0.jpg ]


動画広告は今後のWEBビジネスに欠かせないツールとなる一方で、制作工程における撮影及び編集環境が三密(密閉空間、密集場所、密接)となりやすい状況です。当社では、自粛期間・及び新型コロナウイルス感染症の収束宣言までの期間について、フルリモート・オンラインでの動画制作体制を強化。勤務環境につきましては、情報管理を徹底した上、完全リモート化へと移行します。

当社では元来より、日本各地及び海外に拠点を構えるお取引先様対応のため、オンラインにて動画制作を完結できる体制を整えてまいりました。この度の社会情勢を鑑み、お取引先の皆様および弊社社員の健康面に配慮した、オンラインでの動画制作サービス強化を進めることで、制作過程の安心を確保した動画広告制作での社会貢献を目指します。


本対応に伴い、改めて弊社でご提供可能なオンライン完結での主な動画制作手順について。

▶︎フルリモート・オンラインでの動画制作手順
1.お打ち合わせ及び、お打ち合わせ
お問い合わせ頂いた後、テレビ会議システムを用いての対面打ち合わせを行います。ご要望等のヒアリングを実施。


2.企画案・お見積もりの提出
初回お打ち合わせをもとに、企画案・お見積もりを提出。
不明点等があった際は弊社営業時間内において、弊社担当とのTV会議システム・及び電話にて相談が可能。


3.撮影前の打ち合わせ/及び制作内容の確認
オーディション、TV会議システムおよびカメラ中継を利用した遠隔での確認が可能。


4.撮影
撮影時の立ち合いも、オンラインでの参加が可能。
複数のモバイルデバイスを同時接続し、演出・撮影素材の試写確認をリモートで実施。
完全リモートは勿論、クライアント様現場立ち合いを最小人数に留め、制作現場/リモートと分けてご参加頂くことも可能。


5.編集
本編集及びナレーション収録など、編集スタジオでの作業につきましても、オンラインにて意見交換が可能。


▶︎リモート・オンラインでの連絡対応について
お客様の社内セキュリティ環境に対応する形で、オンラインツールを用いたリモート作業を実施します。指定URLにアクセスして頂くだけで完結するような体制となっておりますが、ご利用に不安を感じられる企業様につきましては導入支援も行います。


【通常時の連絡】
・電話
・メール
+オンラインチャットツール


【TV会議システムを利用したお打ち合わせ及び立ち合い】
・テレビ会議システム
会議ログは都度録画の共有を行います。


【動画試写及び修正対応】
レビューツールを用い、修正点を細かくご指示頂けます。


EX:制作活動中のオンライン会議は常時対応を行っております。対面でのお打ち合わせ以上に、より密な情報交換を実施します。


■「Ad Arch(アドアーチ)」について
アドアーチは、広告課題に対し、動画を中心とした視点でPRをワンストップでサポートしています。広告代理店を介さない直接取引で、大手クライアント企業様とお取引を行わせて頂いています。
今後も動画制作の目的を達成するため、企画制作・展開における動画コンサルを始め、制作後の動画ABテスト・次回作のクリエイティブ改善など、長期視点で動画を用いた効果向上サービスを提供しています。


【サービス運営会社概要】
会社名:Ad Arch(アドアーチ)株式会社
所在地;東京都港区南青山2-15-5 FARO1F
設立:2016年1月
代表取締役:白川 裕喜
運営会社URL: https://www.adarch.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング