しっかりとはれるのに、壁紙を傷つけたり、下地にのりを残さず、きれいにはがせる「スコッチ(R) あとではがせるテープ」新発売

PR TIMES / 2017年12月5日 16時1分

「テープを変えよう。」をテーマに、既存製品3種と合わせてシリーズ展開



スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は2018年1月4日(木)、しっかりとはることができ、後ではがす時には、壁紙を傷つけたり、下地にのりを残さずに、きれいにはがすことができる透明粘着テープ「スコッチ(R) あとではがせるテープ」を発売します。

また、2018年3月頃より、既存の「スコッチ(R) メンディングテープ」、「同 超透明テープS」、「同 透明両面テープ」のパッケージを順次リニューアルを予定しております。『テープを変えよう。』というテーマで、当製品を含めた4種の製品をシリーズとして展開します。粘着強度や機能の異なる製品の中から、用途に合わせて最適なものを選ぶことができる、スコッチ(R) テープ製品のラインアップの豊富さを訴求していきます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-748269-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-926963-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-109753-2.jpg ]

【開発背景】
当製品は、「壁を傷つけずにはがしたい。」というニーズに着目し、開発しました。粘着テープは、はる、補強するなど、さまざまな用途で、家庭や職場で利用されています。はる用途は、いずれはがす場合が多いですが、主に使用されている粘着テープは、はがす際に壁紙がはがれてしまう、下地にのりが残る等の問題があり、「きれいにはがせない」という難点がありました。

【製品特徴】
「スコッチ(R) あとではがせるテープ」は、弊社が独自に開発したジェントル処方の特殊粘着剤を使用しており、しっかりとした粘着力がある一方で、はがす時には、壁紙を傷つけたり、下地にのりを残すことがなく、テープをきれいにはがすことができます。マットフィニッシュ(つや消し)加工を施しているので、はると透明になり、指紋の跡も、テープ自体も目立ちません。ポスター等の掲示やラッピング等に使用するだけでなく、テープの上に文字を書いて簡易ラベルのようにお使い頂くこともできます。
弊社が今年の6月に行った、製品発売前の調査では、当製品の使用満足度について89.7%が「満足」と回答しました(N=162男女)。

1. しっかりはることができる粘着力
ジェントル処方の特殊粘着剤は、適度な保持力があるため、ポスター等の掲示物を壁にしっかりはれて、はがれ落ちることがありません。

2. はがすときに、きれいにはがすことができる“はがしやすさ”
ジェントル処方の特殊粘着剤は、しっかりとした粘着力がありながらも、はがしたいときには、壁紙等を傷つけたり、のりを残さず、テープをきれいにはがすことができます。

3. はると透明になり、テープが目立たない
はると透明になるので、テープが目立たず、掲示物や包装材等のデザインも遮りません。また、マットフィニッシュ(つや消し)加工を施しており、テープをはるときに気になる指紋の跡も目立ちません。
[画像4: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-888677-3.jpg ]


■製品仕様

[画像5: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-589656-4.jpg ]


【4種の製品のシリーズ展開について】
『テープを変えよう。』をテーマに、「スコッチ(R) メンディングテープ」、「同 超透明テープS」、「同 透明両面テープ」のパッケージをリニューアルします。用途によって選べる4種のラインアップとなります。
[画像6: https://prtimes.jp/i/23263/18/resize/d23263-18-712666-5.jpg ]

※取扱店によっては「スコッチ(R) メンディングテープ」のパッケージデザインが異なる場合があります。
※既存製品のパッケージ変更は、2018年3月頃より、順次、変更を予定しており、また、製品によって時期が異なります。

3M、Scotch、スコッチは、3M社の商標です。

【3Mについて】
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は300億ドルで、9万人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3M/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについてはwww.mmm.co.jpをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング