フィッシングクルーザー「EX34」のハードトップ仕様を発売

PR TIMES / 2018年10月4日 11時40分

 ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマー舶用システム株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:吉村仁)は、要望の多かった「EX34」シリーズのハードトップ仕様「EX34-HT」を、10月6日より受注開始します。本艇は、10月6日(土)から10月8日(月)まで、横浜ベイサイドマリーナにて開催される「横浜ボートフェア2018」にて初お披露目します。



[画像: https://prtimes.jp/i/34384/18/resize/d34384-18-755327-0.jpg ]

 本イベントでは、今回初お披露目の「EX34-HT」に加え、フライングブリッジ仕様の「EX34-FB」、フィッシングに最適な入門機であるToprunシリーズ「FX24EZ」も出展します。

「横浜ボートフェア2018」について
http://www.yokohama-boatfair.com/

ヤンマーのマリン事業について
https://www.yanmar.com/jp/marinepleasure/

<ヤンマーについて>
 1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。
詳しくは、ヤンマー株式会社ウェブサイト  https://www.yanmar.com/jp/about/をご覧ください。

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング