~『まんが王国』、作品の“未来のファン”をAIが発見~

PR TIMES / 2018年8月8日 17時1分

ビーグリーとシルバーエッグ・テクノロジーが共同実験を開始

株式会社ビーグリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田仁平、証券コード:3981)が運営する国内最大級のコミック配信サービス『まんが王国』( https://comic.k-manga.jp/)は、シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、証券コード:3961、以下 シルバーエッグ社)と新たなマーケティングAIシステムの性能実験を開始したことを発表します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34768/18/resize/d34768-18-450584-3.jpg ]

 数万点ある多様性に富んだ漫画作品を宣伝する際、「お客様が好む作品」をどう届けるかは、まんが王国の大きな課題です。実店舗の書店に比べ、電子書店ではお客様が一度に目にする作品数は限定されがちです。
 また、お客様属性(年齢・性別などのアンケート結果)に基づく従来のターゲティングでは、パーソナライゼーションの精度に限界があり、作品を好まないお客様に宣伝が届くとかえって離反を引き起こす可能性もあります。

 これらの課題を解決するため、シルバーエッグ社と共同して、まんが王国ユーザーの行動情報や作品のあらすじ情報を分析することで“作品のファンになりそうなお客様”を予測し、そのお客様にのみ情報を届ける実験を行います。
この実験で、作品を好きになってくれる“未来のファン”に、より相性が良い作品のお届けを目指します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34768/18/resize/d34768-18-610043-1.jpg ]


 このような共同実験を積極的に行い、まんが王国だけでなく作品や作家のファン作りを推進します。
今後もお客様を喚起する漫画作品のきっかけを複数のアプローチで創出し『まんが王国』の満足度を高めてまいります。


※ 本リリースに記載されている社名、商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※ 本リリース情報は発表後予告なしに内容が変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

[画像3: https://prtimes.jp/i/34768/18/resize/d34768-18-398528-2.jpg ]


ビーグリーは、『固定観念にとらわれる事なく、新しい発見と進歩を求め続ける』という理念のもと、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」を中核にコンテンツプラットフォーム事業を展開しております。
『インターネットによって隠れた才能を持つクリエイターとファンを繋ぐことで新たな市場、新たな顧客を開拓し、文化の発展に貢献する』というMissionを遂行すべく、創作活動によって生み出される”コンテンツ”が、インターネット上で“ユーザー”や“ファン”としっかり出逢えるように、様々な役割を担ってまいります。


社名   : 株式会社ビーグリー
所在地  : 東京都港区北青山二丁目13番5号青山サンクレストビル4階
創立   : 2004年10月25日
資本金  : 18 億5,232万円(2017年12月31日時点)
代表者  : 代表取締役社長 吉田仁平
事業内容 : コンテンツプラットフォーム事業
URL   :   https://www.beaglee.com/
東証第一部: 3981


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ビーグリー 担当:川口
Tel:03-6706-4056
【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビーグリー 広報担当宛
e-mail:pr@beaglee.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング