西菱電機、EnOceanゲートウェイの提供開始

PR TIMES / 2018年9月19日 11時1分

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、2018年9月19日よりEnOceanゲートウェイの提供を開始いたします。



■概要
EnOceanとは、電池なしで利用できる無線通信技術(エネルギーハーベスティング無線通信技術)です。対象のゲートウェイに3GドングルおよびEnOceanドングルを装着するだけで、EnOceanセンサーのデータを「Seiryo Business Platform」のIoTダッシュボードに表示することができます。産業利用のお客様には、BH3(開発・製造元:株式会社ビズライト・テクノロジー)でのご提供も可能です。


[画像: https://prtimes.jp/i/34925/18/resize/d34925-18-731222-0.png ]

■提供内容
・標準ゲートウェイ  価格 40,000円(税別)
-Raspberry Pi 3(AC電源・ケース付)、microSDカード
-3Gドングル、EnOceanドングル
-ゲートウェイ用ソフトウェア

・産業用ゲートウェイ  価格 65,000円(税別)
-BH3、microSDカード
-3Gドングル、EnOceanドングル
-ゲートウェイ用ソフトウェア

■EnOcean製品接続例
・温度/温湿度センサーモジュール
・スイッチモジュール
・マグネットコンタクトモジュール

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」とは、西菱電機が提供するInternet of Things(IoT)やコミュニケーションツールのサービス群の名称です。企業などの現場改善や生産性向上のために、信頼性のあるデータ計測や手入力作業の自動化など、業務の数値化や手間の多い業務の削減によって現場改善をサポートいたします。


※BH3製品サイト: https://bh.bizright.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング