働き方改革のモデル事例が集まる【ホワイト企業アワード】「働きがい」部門においてアトラエが特別審査員として協力

PR TIMES / 2019年10月18日 11時45分

エンゲージメント改善に関する先進的な事例を表彰します

日本企業のホワイト化を促進する一般財団法人日本次世代企業普及機構(本部:大阪市中央区、代表理事:五味田匡功、通称:ホワイト財団)は、People Tech(テクノロジーによって人の可能性を拡げる)事業を展開する株式会社アトラエ(本部:東京都港区、代表取締役:新居佳英)に、「第5回ホワイト企業アワード」の『働きがい』部門において特別審査員として協力いただき、先進的なエンゲージメント改善の取り組みを実施されている企業を評価し、2020年3月17日(火)に表彰式を行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39303/18/resize/d39303-18-959997-6.png ]

ホワイト財団は“家族に入社を勧めたい、次世代に残すべき素晴らしい企業”を発見し、第三者として企業の取り組みを評価・表彰する組織です。2015年よりその企業が世に認知されるよう「ホワイト企業認定」を実施。2016年より毎年3月にホワイト企業認定を受けた企業の中から、今年一番素晴らしい取り組みを表彰する「ホワイト企業アワード」を開催。次回の「第5回ホワイト企業アワード」は、10月1日(火)よりエントリーがスタートし、2020年3月17日(火)に都内にて受賞企業の表彰式を行います。

株式会社アトラエは、組織の状態を可視化し、組織改善のサイクルを生み出すサービス「wevox」を運営。第 5 回ホワイト企業アワードの『働きがい』部門において、「wevox」チームに特別審査員としてご協力いただき、先進的なエンゲージメント改善の取り組みを実施されている企業を評価して参ります。

■エンゲージメントとは?
組織に対する自発的な貢献意欲や、主体的に仕事に取り組んでいる心理状態を指標化したもので、組織運営をしていく上で重要な指標になっています。

■第5回ホワイト企業アワード 応募概要
応募期間:2019年10月1日(火)~12月13日(金)18:00
応募対象 :
1.ホワイト企業認定を既に取得している企業
2.ホワイト企業認定取得を希望する企業。※事業規模は問いません。
(認定を取得した企業がホワイト企業アワードの選考に進みます)
応募方法・選 考 の 流 れ :
1. プレエントリーフォーム( https://jws-japan.or.jp/award2020/entry/)よりご応募
2. 事務局より選考に必要な書類などのご案内をご登録のメールアドレスにお送りします
3. 提出書類にて審査・評価し、ホワイト企業認定を取得した企業は、ホワイト企業アワードの選考がスタート
4. ホワイト企業アワード2020選考用のエントリーシートにおいて、部門を選択(複数可)し、部門に伴う取り組みを記載し提出いただきます。エントリーシートをもとに審査・評価します
5. 2020年2月頃 受賞企業発表。審査の結果はメールにてご案内致します
6. 受賞企業は2020年3月17日開催の授賞式典にて表彰式を行います

■表彰式について
2020年3月17日(火) 15時開演 東京・明治記念館(JR中央・総武線 信濃町駅徒歩3分、他)にて開催
賞の種類:10項目の賞にそれぞれ大企業部門、中小企業部門にわけてそれぞれ最低1社ずつ選定します。
最優秀賞は審査員が受賞企業の中から選定をしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39303/18/resize/d39303-18-427827-7.png ]

審査チーム:五味田 匡功(ホワイト財団 代表理事)、小室 淑恵(ホワイト財団 評議員、株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長)、一般社団法人企業価値協会、株式会社アトラエ

■ホワイト企業アワード協力企業(50音順)
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社アトラエ、一般社団法人企業価値協会、株式会グローバルウェイ、Chatwork株式会社、株式会社Donuts、株式会社リロクラブ、株式会社Lean on Me

■前回「第4回ホワイト企業アワード」の最優秀賞受賞企業の取り組み内容
『生産性向上』部門 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフのルールを活用した働き方の意識改善「オネストジョン」の導入で、時間管理の意識をUP!

[画像3: https://prtimes.jp/i/39303/18/resize/d39303-18-906359-2.png ]

オネストジョンとはゴルフ用語で、スコア予測を申告し、プレー後に実際のスコアに近かったかを競うゲーム。これを残業時間に当てはめ、単に削減するだけでなく、残業時間の予測・実績把握・誤差の検証までを行う。「なぜ残業が必要か」「どれぐらいが適正か」といった自身の働き方や効率性の本質を改善できる仕組みと、大企業のみならず中小企業でも実現可能な取り組みとして評価。


『健康経営』部門  株式会社サカタ製作所
「社員が心身ともに健康で、持てる資質・能力を十分発揮すること」は企業の最大の価値とし、働き方改革を起こしにくい製造業において、短期的ではなく中長期的に働きやすい職場作りを行う

[画像4: https://prtimes.jp/i/39303/18/resize/d39303-18-358536-3.png ]

県とタイアップして野菜プラスランチと称し、1日に必要な野菜摂取量を社員に体験してもらい、生活習慣病予防施策を実施。変化を起こしにくい製造業でも、社員の健康が企業の最大価値として中長期的な様々な取り組みの実施により、結果として業績向上にもつながっていることを評価。


■前回「第4回ホワイト企業アワード」の受賞企業一覧
最終エントリー企業総数:1091社 受賞企業:23社
最優秀賞:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン、株式会社サカタ製作所
理念共有:株式会社エフアンドエム、トークノート株式会社、株式会社バーテック
生産性向上:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン、ロングライフホールディング株式会社、株式会社トモエシステム
ダイバーシティ&インクルージョン:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社ゲオホールディングス、株式会社浜学園
ワーク・ライフバランス:株式会社NTTスマイルエナジー、アイアール株式会社、ヤマダイ食品株式会社
健康経営:株式会社スヴェンソン、株式会社サカタ製作所
柔軟な働き方 :株式会社アワーズ、TIS株式会社、Chatwork株式会社
人材育成:株式会社エーピーコミュニケーションズ、御堂筋税理士法人、株式会社フォーラス&カンパニー
働きがい:ライフネット生命保険株式会社、万協製薬株式会社、株式会社ピアズ

■各社のコメント
一般財団法人 日本次世代企業普及機構 代表理事 五味田 匡功のコメント

[画像5: https://prtimes.jp/i/39303/18/resize/d39303-18-344640-4.png ]

この度、株式会社アトラエと業務提携する運びとなり、大変嬉しく思っております。
エンゲージメントにおける課題特定、改善策提案を実施し、組織改善のサイクルを生み出してきたアトラエのノウハウを活用させて頂くことで、エンゲージメントの高い働き方改革を展開する企業を表彰し、認知度向上に繋げ、日本企業のホワイト化の発展に貢献して参ります。


株式会社アトラエ wevoxチームのコメント
wevoxは2017年5月に正式リリースし、今では1,000社近くの企業・組織に導入を頂き、回答データは1,000万件を超えました(2019年8月現在)。"エンゲージメント"とは、個々人やチーム、会社によっても影響因子が大きく異なるものです。よって、エンゲージメント向上には、画一的な改善策は存在せず、その時々のメンバーやチームの状況等に合わせ、全員が真剣に考え"対話"を通じ試行錯誤を重ねていく必要がございます。今までwevoxを通じて蓄積した知見を活かしながら、先進的なエンゲージメント改善の取り組みを実施されている企業様を表彰させて頂ければと存じます。多くの企業様の取り組み事例をお待ちしております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング