1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

自動車用塗料市場は、2027年までに23,244.2百万米ドルに達すると予想される

PR TIMES / 2021年11月15日 9時45分

ASTUTE ANALYTICAが2021年11月15日に発表した最新レポートによると、ポリウレタンセグメントは、トップコートの耐久性を向上させ、自動車の外観を向上させ、傷から保護するために、この樹脂の使用が増加していることから、最大の市場シェアを持つと予想されています。



自動車用塗料の世界市場は、2027年には23,244.2百万米ドルに達すると予測されています。この市場は、2021年から2027年にかけて4.3%のCAGRで成長すると予測されています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.astuteanalytica.com/request-sample/automotive-paint-market

自動車用塗料は、自動車の装飾や保護を目的として使用されます。この市場は、自動車の生産台数の増加によって牽引されると予想されています。さらに、ポリウレタン系塗料の使用率が高いことも、市場の成長を促進すると考えられます。これらの推進要因に加えて、様々なカラーオプションの利用、信頼性、耐久性などの新たなトレンドも、市場成長に有利な機会を提供すると予想されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/87115/18/resize/d87115-18-54236e90b9718c48ad5b-0.png ]

このような推進要因がある一方で、揮発性有機化合物の排出に対する規制が市場成長の妨げになると予想されます。また、原材料の価格が常に変化していることや、プラスチックや複合材の部品の塗装に関する問題も、市場の成長にマイナスの影響を与えると推測されます。

成長因子

自動車の生産台数増加
自動車はその需要の高さから、世界的に生産台数が急増しています。国際自動車工業会によると、2017年には世界で約97,302,534台の自動車が生産され、前年比で2.36%の増加となっています。したがって、このような自動車の生産台数の増加は、自動車用塗料の需要も同様に増加させており、予測期間中の市場成長を後押ししています。

マーケット・セグメンテーション
自動車用塗料の世界市場は、タイプ、技術、樹脂、質感、車両、チャネルに分けられます。

タイプ別


エレクトロコート
プライマー
ベースコート
クリアコート

クリアコートは、車の表面をきれいに一貫して仕上げることができるため、高い人気を博しており、市場シェアは約37%となる見込みです。エレクトロコート分野は、2027年までに約700百万リットルの市場規模を持つと予測されています。

樹脂別


ポリウレタン
エポキシ
アクリル
その他の樹脂

ポリウレタン樹脂は、自動車の外観を向上させたり、傷から保護したりするためのトップコートへの使用が増加していることから、最大の市場シェアを持つと予想されます。さらに、アクリル分野では、2025年までに約5億リットルのアクリル樹脂が販売されると予測されています。

技術別


ソルベントボーン
ウォーターボーン
パウダーコーティング

水性塗料は、他の技術に比べて安価で、速乾性があるため、需要が増加しており、最大の市場シェアを持つと予想されています。粉体塗装は、高級車や超高級車への採用が進んでいることから、5.5%の急成長が見込まれています。

テクスチャー別


ソリッド
メタリック
マット
真珠光沢
太陽光反射

メタリック・セグメントは、その需要の増加により、60%以上の最大の市場シェアを持つと予想されています。真珠光沢層は、世界的に人気が高まっていることから、CAGR5%の最速成長が見込まれています。

車両別


乗用車
小型商用車
大型商用車

乗用車分野は、乗用車の塗装用に自動車用塗料の需要が高いことから、最大の市場シェアを持つと予想されます。また、大型商用車分野の市場規模は、予測期間中に約4.9%の成長率が見込まれています。

チャンネル別


OEM
アフターマーケット


予測期間中、アフターマーケット分野は4.6%の成長率が見込まれています。OEM分野では、自動車用塗料の需要が拡大していることから、大幅な成長が見込まれています。

地域別分析
地域別に見ると、世界の自動車用塗料市場は、アジア太平洋地域、欧州、北米、中東・アフリカ、南米に分けられます。


アジア太平洋地域では、自動車の生産と販売が増加していることから、55%以上の最大の市場シェアを持つと予想されます。国際自動車工業会によると、2017年の中国の自動車生産台数は、前年比3.19%増の29,015,434台となっています。

北米地域は、巨大な自動車産業が存在することから、約3.2%の成長率が見込まれています。さらに、様々な技術の進歩も市場の成長を促進すると考えられます。

競合他社の分析
自動車用塗料の世界市場における主要プレイヤーは、3M、Akzo Nobel N.V、Axalta Coating Systems, LLC、BASF SE、Clariant AG、DOW Chemical、DuPont Coatings & Color Technologies Group、関西ペイント株式会社、KCC、日本ペイントホールディングス株式会社、PPG Industries、Sherwin-Williams Company、Solvay、Valspar Corporation、その他の著名プレイヤーです。主要5社の累積市場シェアは約70%に近い。

これらの市場プレーヤーは、市場での存在感を強化するために、共同研究、M&A、新製品の発売などの取り組みを行っています。例えば、2021年10月、クラリアント社は「Emulsogen CPN 100 XS」と「Emulsogen CPA 100 XS」を発売しました。これらの製品は、ポリマーバインダー用の革新的な反応性乳化剤であり、塗料メーカーが、耐水性があり、汚れを拾いにくく、カタツムリの足跡がつきにくい建築用塗料を実現するのに役立ちます。

続きを読む: https://www.astuteanalytica.com/industry-report/automotive-paint-market

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことです。私たちの優先順位は、お客様を最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください