「無印良品の家 岡崎店」モデルハウス9月1日(土)オープン 「木の家」「窓の家」併設は中部地方で初出店

PR TIMES / 2012年8月22日 16時21分



 「無印良品の家」のネットワーク事業を展開するムジ・ネット株式会社(本社 東京都豊島区 代表取締役社長・松井 忠三)は、静岡県浜松市を中心に事業展開する株式会社インフィルプラス(本社 愛知県豊橋市大崎町字北出口53番地 代表取締役社長・市川 靖哲)とネットワーク・パートナー(FC)契約を結び、来たる2012年9月1日(土)に「無印良品の家 岡崎店」をオープン致します。株式会社インフィルプラスは「無印良品の家 浜松店(静岡県浜松市西区)」、「無印良品の家 浜松北店(静岡県浜松市浜北区)」の運営も行っており、「岡崎店」の出店により3店舗目となります。
 
□無印良品の家 岡崎店

「無印良品の家 岡崎店」は、西三河地区の中心部、緑の多い住宅地に「木の家」と「窓の家」の2商品を併設するモデルハウスとしてオープン致します。
「無印良品の家 岡崎店」は、全国では29店舗目、愛知県では名古屋東店(愛知県長久手市)、日進店(愛知県日進市)に続き3店舗目となります。東海エリアにおけるさらなる販売拡大を目指す重要な営業拠点となります。

□モデルハウスの見どころ

今回オープンする岡崎店は間口5間×奥行4間半(延床面積:98.53m2 /29.80坪)の「木の家」、間口4間×奥行4間(延床面積:96.46m2 /16.02坪)の「窓の家」が併設されており、中部エリアでは初めて複数商品を展示するモデルハウスとなります。
「木の家」は自然の力を最大限に取り入れて賢く過ごす快適温度の家づくり「+AIR」でデザインしました。屋根の中心に通風窓、西側の大きな窓には、外部ブラインドを設置。そして吹抜けにはシーリングファン、給湯には太陽熱温水パネルを採用しました。
自然エネルギーを活かす工夫を加えて「永く使える、変えられる。」快適な暮らしを提案しています。
「窓の家」では、新しい工夫として窓の上に小庇をつけました。これにより窓からの日射を遮り室温の上昇を抑えることができます。、

□標準仕様で価格を表示

「木の家」は標準仕様で本体工事価格は1,943万円、「窓の家」は標準仕様で本体工事価格は1,834万円。


□モデルハウス概要

木の家モデルハウス
間口5間×奥行4間半(間口9.10m×奥行8.19m)

建築面積:74.52m2 (22.54坪)
延床面積:105.98m2 (32.05坪)
工事面積:149.05m2 (45.08坪)
*工事面積には吹抜・テラス・バルコニーの各面積を含む
価格:標準仕様本体工事価格 1,943万円(消費税含む)

窓の家モデルハウス
間口4間半×奥行4間(間口11.83m×奥行7.28m)

建築面積:52.99m2 (16.02坪)
延床面積:96.46m2 (29.17坪)
工事面積:105.99m2 (32.06坪)
*工事面積には吹抜・テラス・バルコニーの各面積を含む
価格:標準仕様本体工事価格 1,834万円(消費税含む)

所在:〒444-0879 愛知県岡崎市竜美中2-2-18

アクセス:
イオンモール岡崎店から東へ約300m。
国道248号線「岡崎商工会議所西」信号を東へ、
2つ目の信号「竜美ヶ丘交番前」付近。

電話:0564-55-4100

ホームページ:無印良品の家 岡崎店              
http://www.muji.net/ie/modelhouse/okazaki/

施工可能エリア:愛知県全域

ネットワーク・パートナー:
株式会社インフィルプラス
代表取締役社長 市川 靖哲
〒441-8073 愛知県豊橋市大崎町字北出口53番地


【永く使える、変えられる】

「無印良品の家」は「永く使える、変えられる」が共通のコンセプトです。耐震・耐久性の高いSE構法を採用することによって「永く使える」ことを可能にし、将来の家族構成やライフスタイルの変化に合わせて間取りを柔軟に変更できる、「変えられる」家づくりを実現しています。

【全棟温熱シミュレーションのしくみ「+AIR」】

「永く使える、変えられる」を実現するために、「スケルトン」+「インフィル」からさらに進化した、全棟温熱シミュレーションのしくみ「+AIR」を2011年11月より開始しました。
なるべく機械や設備に頼らずに、太陽の熱と光と風とを上手に利用した設計と、室温のエネルギー量の数値化、さらに家族構成、エアコンをつける時間帯や設定温度、窓を開けるタイミングや庭の木の提案など、無印良品の家の一つひとつの家ごとに、最適なパッシブデザインを提案するサービスを導入しています。
無印良品は、これからも全ての人々に「暮らし」をプレゼンテーションしていきます。

【人とひとつながりの家】

1階は、木の家の特徴でもある大きな吹抜けと二方向に開放した大きな窓により、明るく気持ちの良い空間となっています。大きな吹抜けは開放感を演出するだけでなく、1~2階を緩やかにつなぐ役目を持っています。家族がどこにいてもお互いの気配を感じる事ができ、ひとつの空間でつながることで一体感を生んでいます。
2階は主寝室と子供部屋、フリースペースを設けています。フリースペースと子供部屋は家具で仕切られており、将来の間取りの変更にも柔軟に対応ができます。

【無印良品の家の構造】

「無印良品の家」は、「SE構法」という頑丈な構造でつくられています。
SE構法とは、組成、乾燥状態など、構造強度上理想的な状態で製造された「構造用集成材」の柱と梁を、丈夫で錆びにくい「SE金物」で接合することによって、高い耐震性と、設計の柔軟性を併せ持つ、木造軸組工法です。
このSE構法は、構造壁や筋交いの量によって構造強度を規定する通常の木造工法とは異なり、国土交通省認定の構造計算プログラムにより、物件ごとに構造計算が行われ、耐震性を数値で示すことができます。性能の客観的な評価は、住宅の資産としての価値を永く担保することにもつながります。
同時に、壁を建物の支えとしないため、大きな吹き抜けを設ける事や自由度の高い間取りとその変更を可能にしています。
長寿命で堅牢な構造で、将来の暮らし方の変化にも対応しやすく、資産価値も持続するSE構法は、「無印良品の家」が大切にしてきた「永く使える、変えられる」という基本コンセプトを支えています。
また、断熱方法には外断熱を採用。建物の構造躯体全体を高性能な断熱ボードですっぽりと覆うことで高い断熱性能を実現しています。部屋間の温度差を少なくできることで結露を防止し、さらに断熱サッシとの相乗効果で冷暖房効率も高く、健康で快適に暮らすことができます。

【全棟長期優良住宅仕様を標準化】

国土交通省は平成21年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を施行し、永く暮らすことができる耐久性に優れ、高品質な住まいを「長期優良住宅」と認定し、将来にわたり資産価値を高く維持できるような家づくりを奨励するようになりました。
「無印良品の家」のコンセプトである「永く使える、変えられる」は、正にこの考え方に合致し、標準仕様で長期優良住宅の条件を満たしており、住宅ローン減税をはじめ様ざまな税制優遇が適用されます。


□「無印良品の家」の沿革

「無印良品」は「わけあって、安い」というフレーズに象徴されるように、生活者の視点に立った衣料品、家庭用品、食品などの日常生活に不可欠な商品を、素材を活かしたシンプルでリーズナブルな価格で開発し、人びとの生活空間・生活様式全体に対して提案を行なって参りました。
現在約7000アイテムにのぼる無印良品の「器」(うつわ)となるのが、「無印良品の家」です。「家」を通して無印良品が考える新しいライフスタイルを提案したい、過剰な装飾・仕様を排除し、耐久性、耐震性、快適性を追及した住まいを提供したい、住空間事業はこのような思いから2002年3月にスタート致しました。
そして2004年10月「無印良品 有楽町」店内に初の販売拠点となるモデルハウスをオープンし、木造戸建住宅「無印良品 木の家」の販売を開始致しました。その後北海道・沖縄を除く全国で、フランチャイズ形式のモデルハウスが続々とオープンしています。
また商品に関しても「木の家」に続き、2007年4月には新商品「無印良品 窓の家」(2009年度グッドデザイン金賞受賞)、2009年2月には「無印良品 朝の家」を発売し、現在は3つの商品をラインナップしております。

2000年 5月 ムジ・ネット株式会社設立
2002年 3月 住空間事業部設立
2003年 10月 商品開発スタート
2004年 10月 「無印良品 有楽町」店舗内に「無印良品 木の家」モデルハウスオープン
2006年 10月 「無印良品 木の家」が2006年度グッドデザイン賞受賞
2007年 4月 新商品「窓の家」発売
2008年 10月 「無印良品 窓の家」が2008年度グッドデザイン金賞受賞
2009年 2月 新商品「朝の家」発売
2009年 11月 「無印良品 朝の家」が2009年度グッドデザイン賞受賞
2010年 11月 三菱地所株式会社との共同企画
集合住宅 [パークハウス 木々 津田沼前原]が2010年度グッドデザイン賞受賞
三菱地所株式会社との共同企画
集合住宅 [スタイルハウス目黒緑が丘]が2010年度グッドデザイン賞受賞
オリックス不動産株式会社との共同企画
戸建て分譲 [白井小町] が2010年度グッドデザイン賞受賞
2011年 11月 全棟温熱シミュレーションサービス「+AIR」開始
2012年 6月 UR都市機構西日本支社との共同企画
「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」発足

□「無印良品の家」ネットワーク事業

当社では、無印良品のコンセプトにご理解、ご共感頂いた各地域のビルダー・工務店様にパートナーとして「無印良品の家」の販売ネットワークにご加入頂き、商品を販売するシステムとなっております。建築専門店の確かな建築施工技術と地域に密着したサポート体制で、お客様に安心して永くお住まいいただける商品を提供させていただいております。


□「無印良品の家」受注状況について

住宅産業は年間住宅着工数80万戸時代を迎え、取り巻く環境は厳しい状況が続いていますが、このような中で2011年度の「無印良品の家」の受注状況は、昨年同様堅調に推移しました。2012年度は出店を加速させ、2015年には年間500棟の供給を目指しています。

□「無印良品の家」 営業拠点

「木の家」モデルハウス 全17店舗

「福島店(福島県郡山市)」
熊谷店(埼玉県熊谷市)」
「浦和店(埼玉県浦和市)」
「松戸店(千葉県松戸市)」
「千葉南店(千葉県木更津市)」
「港北ニュータウン店(神奈川県横浜市)」
「浜松店(静岡県浜松市)」
「浜松北店(静岡県浜松市)」
「岐阜店(岐阜県岐阜市)」
「日進店(愛知県日進市)」
「京都南店(京都府久世郡)」
「甲賀店(滋賀県甲賀市)」
「豊中店(大阪府豊中市)」
「宝塚店(兵庫県宝塚市)」
「岡山店(岡山県岡山市)」
「香川店(香川県高松市)」
「福岡店(福岡県福岡市)」

「窓の家」モデルハウス 全7店舗

「秦野店(神奈川県秦野市)」
「松本店(長野県松本市)」
「名古屋東店(愛知県愛知郡)」
「宝塚店(兵庫県宝塚市)」
「奈良店(奈良県橿原市)」
「彦根店(滋賀県彦根市)」
「鈴鹿店(三重県鈴鹿市)」

「無印良品の家」家センター 全3店舗

「有楽町 家センター(東京都千代田区)」
「MUJI新宿 家センター(東京都新宿区)」
「MUJIキャナルシティ博多 家センター(福岡県福岡市)」

「無印良品の家」スタジオ 全1店舗

「国分寺スタジオ(東京都国分寺市)」


□ムジ・ネット株式会社 会社概要

社名:ムジ・ネット株式会社 MUJI.net co.,LTD
代表取締役社長 松井(まつい) 忠三(ただみつ)
所在地:〒170-8424 東京都豊島区東池袋4-26-3
電話:03-3989-7731
設立:2000年5月31日
資本金:1億4,900万円(2012年2月末現在)
年商:22億3,270万円(2012年2月期)
従業員数:35名(パートタイム社員含む、2012年2月末現在)
事業内容:「無印良品の家」の商品企画、販売、供給及びネットワーク事業の運営

無印良品の家 公式ホームページ
http://www.muji.net/ie/

無印良品の家 公式Facebookページ
http://www.facebook.com/mujiie.jp

□本書の画像データは下記よりダウンロードができます
http://ie.muji.net/120822.lzh
※高解像度画像データがダウンロードされます。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング