フジタ製薬、iPadを利用したワークスタイル改革で、 Magic xpiを採用

PR TIMES / 2013年2月13日 16時14分

~ 外部環境の変化に迅速に対応できる営業体制づくりと、1人あたりの生産性向上を実現~

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区、以下マジックソフトウェア)は、フジタ製薬株式会社(代表取締役社長:藤田昌弘 本社:東京都品川区、以下フジタ製薬)のiPadを利用した営業部門のワークスタイル改革プロジェクトで、当社のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」が採用されたことを発表いたします。



 フジタ製薬では、2011年より営業部門のワークスタイルを改革するプロジェクトを開始しており、iPad上でメールや既存のグループウェア有効活用、及びクラウド型CRMシステムとビジネス・インテリジェンスの導入による、生産性の向上、お客様へのサービス向上、社内コミュニケーションの強化に取り組んでおります。
そこでの課題は、クラウド型CRMと基幹業務のデータ連携、また、ビジネスインテリジェンスソフトへ受け渡すデータ生成をどうするかなどが上がりました。
 従来フジタ製薬では、システム間のデータ連携にあたり個別に連携プログラムを開発していましたが、個別開発では生産性や精度、メンテナンス性に課題がありました。そこで、今後増大が予想されるデータ連携業務に迅速に対応するために、EAI(Enterprise Application Integration)ツールの導入が決定されました。ツール選定にあたっては、EAIツールベンダー3社に絞り、それぞれの使用感やレスポンス、導入価格、維持コストを比較・検討した結果、Magic xpiが選定されました。


Magic xpiで連携されているシステムは以下のとおりです。


クラウド型CRM 「Salesforce CRM」

ビジネス・インテリジェンス「Yellowfin」

グループウェア「Lotus Domino/Notes」

ERP「JD Edwards」


 今後の連携ニーズとして、製造設備連携、自動倉庫在庫システム、ハンディターミナル、エクセルデータの取り込み自動化、などが上がっており、Magic xpiの活用シーンが拡大する予定です。


【Magic xpi Integration Platformについて】
http://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpi-integration-platform
マジックソフトウェア・エンタープライゼスが全世界50ヶ国で提供している、ノンコーディング(プログラミング言語等を記述することなく)のシステム連携ツールです。SalesforceとSAP ERPなどの基幹業務システムとのシステム連携において多くの実績があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング