ソフトバンクグループが「iKnow!(R)」を採用

PR TIMES / 2012年4月25日 11時15分

===========================
語学学習サービス「iKnow!(R)」を運営するセレゴ・ジャパン
ソフトバンクグループが「iKnow!(R)」を採用
英語学習ツールとして合計20,000人規模の導入を決定
===========================

語学学習サービス「iKnow!(R)」を運営するセレゴ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:エリック・ヤング 本社:東京都渋谷区 以下、セレゴ・ジャパン)は、「iKnow!」の法人向けサービスである「iKnow! for Business」が、2012年4月23日より1年間、ソフトバンクグループ通信3社(ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社)の社員をはじめ、ソフトバンクグループ社員約20,000人を対象に正式に採用されましたので、お知らせいたします。

■導入の背景
「iKnow!」がソフトバンクグループの英語学習ツールとして採用された背景として、「iKnow!」の大きな特徴である、“記憶の強さを管理することで、一人ひとりに最適化された学習を提供するメカニズム”が高い効果を見込める点、また、幅広い英語レベルに対応できる豊富なバリエーションの学習コンテンツが選択できる点、そして、ソフトバンクグループでは、ほぼ全社員がiPhoneおよびiPadを貸与されていることから、PC、スマートフォン、タブレットといったマルチデバイス対応のクラウドベースの学習サービスであり、スキマ時間を活用した効率のよい学習が可能な点が高く評価されたことが挙げられます。

今後もセレゴ・ジャパンは、テクノロジーに基づいた高い学習効果によって一人ひとりが成果を実感できるサービスとして、より優れた学習体験をご提供できるよう努めてまいります。

■英語学習の継続をテクノロジーでサポートする「iKnow!」
「iKnow!」は、人間の記憶メカニズムに基づき、最も効率よく確実な英語習得を可能にするクラウドベースの学習サービスです。学習コンテンツは独自の頻度分析により厳選されており、日常のシーンで利用頻度の高いものから身に付けていくことが可能です。コンテンツのバリエーションも基礎からビジネス、TOEIC(R)対策など幅広く、また中国語学習にも対応しております。「iKnow!」の大きな特徴として、PC、iOS/Androidのスマートフォン及びタブレットでの学習が可能です。すべてのデバイス間で学習データが自動で同期するので、忙しいビジネスパーソンでも時間や場所を選ばずスキマ時間を活用した効率のよい学習が可能となっております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング