BtoBマーケティング活動状況に関するアンケート調査実施

PR TIMES / 2012年8月29日 12時3分



株式会社シャノン BtoBマーケティング活動状況に関するアンケート調査実施
【マーケティングトレンド】「リード(見込み客)育成」興味あるが約8割
一方で、6割が実施できていない実態が明らかに


株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下シャノン)は、国内BtoBマーケティングの意識・課題や現状について、昨年に引き続きマーケティング・販促担当の方を対象にアンケート調査を実施いたしました。本日その調査結果と分析内容を発表いたします。

本調査により、国内のBtoBマーケティング領域では、営業部門へのリード連携を行う一方で、リードの評価や育成が行われていないなど、現状や課題が見えてきました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
BtoB企業が最も投資しているマーケティング施策は「メールマガジンの配信」
~「セミナー」「展示会」「広告出稿」とオフラインタッチポイントを活用した施策がいまだ主流に~
---------------------------------------------------------------------------------------------
BtoB企業が現在最も投資しているマーケティング施策は、昨年の「展示会出展」から「メールマガジンの配信」へと変動が見られます。また昨年と比較すると、メール配信システムを導入する企業が大幅に増加していることも分かりました。これらの点から、「新規でマーケティングに取り組むにあたり、メールマーケティングから始める企業が多い」や「オフライン施策で集めたリードに対し、メールによる育成・フォローを開始した」などが推測できます。
(グラフ1)https://prtimes.jp/data/corp/2984/33cd67d0f11e65f0138f954adbeb444a.pdf

一方で、2~4位まではセミナー開催や展示会出展などのオフライン施策が占め、BtoB企業においてオフラインのタッチポイントを活用した施策もいまだ主流であることが分かります。また、その他の施策もまんべんなく増加しており、全体的に増加傾向にあります。

----------------------------------------------------------------------------------------------
半数以上が獲得リードを営業に連携する一方、「リードの評価を行っていない」が半数に上ることが判明
----------------------------------------------------------------------------------------------
マーケティング活動を商談に結びつけ、売上に貢献するためには、営業部門との連携が不可欠です。営業部門との連携状況について問う質問に対して、約半数が獲得したリードを営業に連携していると回答しています。
(グラフ2)https://prtimes.jp/data/corp/2984/057a10c29f9f2b8ffca40801f6067988.pdf

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング