メール配信システム「Cuenote FC」に分析ツールを追加

PR TIMES / 2018年6月13日 14時1分

RFM分析やメールの行動分析からターゲットに応じたメールマーケティングが容易に

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(代表取締役社長:清水 亘、本社:東京都渋谷区)は、メール配信システム「Cuenote FC」に、RFM分析など、さまざまなデータを分析する機能を追加した最新版を2018年6月13日から提供開始します。



 ユミルリンクが提供するメール配信システム「Cuenote FC」は、数千万規模の一斉メール配信が高速・確実に実行でき、また、シンプルで簡単に操作できることが特長で、現在は、約1,300社以上にご利用いただいており、月間メール配信数42億通を誇ります。
 今回新たに追加する分析ツールでは、「購買データ」「顧客データ」「メールの行動データ」など、さまざまなデータをGraphical User Interface(以下GUI)上で集計・分析し、顧客のターゲットに応じたメールマーケティングを容易に実行することが可能となります。
 また、分析ツールは100万件規模のデータを数秒以内に集計する性能(※)で、リアルタイムなデータ分析が可能となり、次のような場面で活用できます。
 ※ 当社ベンチマーク値

【活用例】


RFM分析で、見込み顧客に対して、優良顧客へ引き上げるメール施策の実行
商品カテゴリごとに購入金額や購入回数を集計、分析
最近、購入がない休眠顧客をアクティブにするメール施策の実行
過去のキャンペーンでメールを開封していない顧客に対する販売促進
特定の商品を購入した顧客に対するアップセル、クロスセル施策


 新たに追加する分析ツールの詳細は、次のとおりです。

<システムイメージ>
[画像1: https://prtimes.jp/i/6116/19/resize/d6116-19-106193-0.jpg ]


【機能強化に至った背景】
 企業のマーケティング活動において、施策の効果を高めるため、顧客のターゲットや行動に応じて、マーケティング施策を実行することが求められています。
 一方で、顧客分析を行うためには、さまざまなマーケティングツールを使い分ける必要があり、運用負担が増大するという課題も発生します。
 こうした背景から、顧客の分析、ターゲットの抽出からメール配信までを一貫して実行する機能を提供し、運用負担の軽減、マーケティング施策の効果を向上させるため、今回の機能強化に至りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング