第6回 貝印 スイーツ甲子園 参加者募集開始記念イベント

PR TIMES / 2013年4月18日 9時49分

世界を夢見るパティシエの卵達が、ロールケーキでギネス世界記録(TM)更新!

貝印株式会社(本社:千代田区岩本町、社長:遠藤宏治)は、第6回貝印スイーツ甲子園参加者募集開始を記念して、2013年4月17日(水)、世界を夢見るパティシエの卵達を中心に、国立代々木競技場第一体育館プロムナードにて130m68cmもの“世界一長いロールケーキ”を作成しました。



本イベントでは、ギネス世界記録(TM)の達成を目指し、日本を代表するパティシエ11名と、野田鎌田学園の高校2年生、3年生の生徒66名をはじめ、合計92名によりロールケーキを作成しました。経営企画室室長の郷司功はイベントの挨拶にて「2008年からスタートした貝印スイーツ甲子園では、毎回多くの爽やかな感動のドラマが生まれており、私たちもいつも胸を熱くさせられています。今年も参加者募集が開始するこのタイミングで、スイーツで新たな夢に挑戦するイベントを企画しました。是非、皆で力を合わせて、ギネス世界記録(TM)を更新しましょう! 」とコメントしました。本イベント前日16日にはスポンジを焼き、当日も午前は大量のクリームを泡立て、イベントに挑みました。強風が吹く中、スポンジが飛ばされるなど作業は難航しつつも、憧れのトップパティシエと現役高校生が力を合わせ、世界一長いロールケーキを完成させました。
完成後、ギネス世界記録(TM)公式認定員の審査により、見事にギネス世界記録(TM)の承認を受けると、野田鎌田学園の66名の生徒や、教職員をはじめ、全ての関係者が涙ながらに喜びを分かち合いました。


「貝印スイーツ甲子園」は、同一高校生3人がチームを組み「スイーツ作り」を競う、パティシエを志す高校生のための全国大会です。 貝印の「スイーツを通じて、パティシエを志す全国の高校生たちに自己表現や、世界に通じる夢の実現のチャンスを提供したい」という想いのもと、創業100周年を迎えた2008年よりスタートし、今回で第6回目を迎えます。

今、女子小学生の3人に1人が「なりたい職業」に選ぶパティシエ。世界で活躍することを夢見るパティシエの卵達が挑戦する、ギネス世界記録(TM)へのチャレンジは、“世界一長いロールケーキ”です。 ここ数年、多くのご当地ロールケーキが生まれ、日本を代表するスイーツとなったロールケーキで世界記録へ挑戦し、第6回大会のテーマである「世界に発信する日本」を表現すると共に、パティシエの卵達が、スイーツを通じて世界へ羽ばたけるようエールを送ります。 挑戦するロールケーキの長さは、過去5大会の参加人数13,068人にかけて13,068cm(=130m68cm)に設定し、見事世界記録を更新いたしました。
(これまでのロールケーキのギネス世界記録(TM)は115.09mでした。)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング