フリークアウト、ビービーメディアと共同で、 効果的な動画広告クリエイティブ・コンテンツの 研究・開発ユニットを結成

PR TIMES / 2014年7月29日 15時22分

株式会社フリークアウトは、ビービーメディア株式会社と共同で、オンライン動画を活用した広告効果を向上するためのクリエイティブを研究・開発するユニット「Future of Online - Brighten Brand Lab.」を結成致しました。




株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:本田謙、以下フリークアウト)は、ビービーメディア株式会社(東京都港区、 代表取締役:佐野真一、以下ビービーメディア)と共同で、オンライン動画を活用した広告効果を向上するためのクリエイティブを研究・開発するユニット「Future of Online - Brighten Brand Lab.」(以下FO-BB Lab.) を結成致しました。
フリークアウトのテクノロジーと、ビービーメディアのクリエイティブ企画制作力を結集し、効果的なクリエイティブパターンの開発を通して、オンライン動画広告のさらなる普及を目指します。


背景
ここ数年の中で、オンライン動画広告の普及が広がりつつあり、YouTubeのプレロール型動画広告を中心に多くの広告キャンペーンで動画広告が活用されています。さらにSNSサービスでも動画広告機能が搭載されるようになり、またスマートフォンやスマートTVに代表されるスマートデバイスの普及、新たにネイティブ広告としての動画広告フォーマットが現れるなど、デバイスやフォーマットの多様化が進んできています。
また、近年 RTB や DMP に代表されるアド・テクノロジーの急速な技術進歩によって、「枠から人へ」のパラダイム・シフトが進展しており、さらにこれまでのオンラインだけでなくオフラインでの商品購買まで紐付けて広告の効果を計測した上でのデータドリブンなマーケティング施策の取組みが進み、DMPを導入し、広告を配信する対象であるオーディエンスをセグメント化し、そのカスタマージャーニーを理解した上で、動画広告をRTBで買い付け、配信することが一般的となってきております。
その一方で個別のオーディエンスにアプローチするために重要となる動画広告クリエイティブ自体については、これまでのTVCMと全く同じものをそのまま使うケースも多く、業界全体としてオンライン動画広告の特性を活かした広告効果の高いクリエイティブについて、研究がそれほど進んでいないという状況にありました。


研究・開発ユニットの内容
今回結成したFO-BB Lab.では、ビービーメディアのクリエイティブ企画制作力と、フリークアウトのアド・テクノロジーを結集し、多様なデバイス・フォーマットの中で、オーディエンスをセグメント化し、どのようなクリエイティブを通してアプローチすることで広告効果が向上するのかを調査・研究します。FO-BB Lab.で得られた知見を公開し、最も効果的なクリエイティブパターンの開発を通して、オンライン動画広告のさらなる普及と効果的なマーケティングアプローチの啓蒙を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング