インフォテリア、Handbookのパートナー制度を刷新

PR TIMES / 2014年12月3日 15時24分

パートナーモデルを3つに体系化し、普及期に入る企業のタブレット導入・利活用を加速

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、モバイル向けコンテンツ管理(MCM)システム市場において市場シェアNo.1※1を獲得している「Handbook(ハンドブック)」のパートナー制度をリニューアルし、新たに3つの流通・販売モデルに体系化することで、幅広いお客様にHandbookをお届けするチャネルを拡充し、またHandbookの利活用を促進するエコシステムを推進していくことを発表します。当社は、この新パートナー制度を本日2014年12月3日より開始し、企業におけるタブレット導入・利活用をさらに推進していきます。



 インフォテリアでは、これまでは、「Handbook販売パートナー」という単一のパートナー販売モデルを通して、パートナー各社様と共に、Handbookを活用したスマートフォン・タブレットへ向けたソリューションの提案を行ってまいりました。また、当社では、2014年9月より「Handbookソリューションネット」というHandbookに関係するソリューション(製品やサービス)を推進・紹介する活動によって、企業におけるタブレットの導入・利活用の促進に取り組んできました。

 今回、タブレット利活用が企業において普及期に入る中、インフォテリアでは、全国的にHandbookの販売チャネルの強化を行うためパートナー制度枠の拡大、及びHandbookの利活用環境の促進を目的として新たに7社の参加を得て「Handbookセールスパートナー」を新設するとともに、下記の3つのパートナー制度に体系化しました。

【パートナー新名称、内容、備考】
・ Handbookトータルパートナー
・ Handbookの自社のタブレットソリューションの中心として提案から導入、その後のサポートまでをトータルで提供される販売パートナー様
・ 本日時点:21社
  これまでの「Handbook販売パートナー」を継承

・ Handbookセールスパートナー
・ Handbookを自社商材の一つとしてお客様に対してご提案される販売パートナー様
・ 今回新設
  本日時点:7社(新規参加)

・ Handbookバリュープラスパートナー
・ Handbookの利用価値を上げる独自のソリューションをお持ちのパートナー様
・ 本日時点:9社
  各ソリューションは、「Handbookソリューションネット」に掲載

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング