欧州ブロックチェーン・ユニコーン企業ビットフューリー、8,000万ドルを私募により調達

PR TIMES / 2018年11月6日 18時40分

大手企業や金融機関の支援拡大で、ビットフューリーの継続的な強さが証明される

【2018年11月6日、ロンドン】世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(以下「ビットフューリー」)は本日、8,000万ドルのプライベート・プレースメント(私募)による資金調達をめぐり、世界の機関投資家や企業投資家と合意したと発表しました。

私募調達の主幹事は、韓国大手デジタル企業ネイバー・グループが支援する欧州グロースキャピタルのコレリア・キャピタルです。引受参加企業は、アジアの投資会社マッコーリー・キャピタルや日本の大手広告代理店の株式会社電通、欧州の投資会社アーマット・グループ、欧州の資産運用会社ジャブレ、リアン・グループ、スペシャル・シチュエーションズ投資会社のアルジェンサル・キャピタル・パートナーズ、欧州の保険グループMACSF、デジタル資産に特化した商業銀行で著名ファンドマネージャーのマイケル・ノヴォグラッツ氏が率いるギャラクシー・デジタルです。東欧のハイテク投資に特化したプライベートエクイティ・ファンドでビットフューリーに従来から投資しているアイテック・キャピタルも引き受けに参加しました。

テクノロジー企業に投資する欧州系投資銀行のブライアン、ガルニエ&コーが私募調達に関してビットフューリーに助言を提供しました。

ビットフューリーのヴァレリー・ヴァヴィロフ共同創業者兼CEOは、次のように述べています。「2018年はビットフューリーが驚異的な事業拡大を達成した年となり、今回の資金調達は人工知能(AI)をはじめとする最先端技術など隣接市場セグメントに対する当社の対応能力を裏付けています。ブロックチェーンと暗号通貨の普及が、AIといった最先端技術の機会と合わさり、ビットフューリーには必然的に2019年以降も事業拡大の機会があります。」

ビットフューリーのジョージ・キクヴァッズ取締役副会長は、今回の私募の資金調達が成功した要因として、ビットフューリーがブロックチェーン業界の新たな成長期を主導するのに優位性を持っていると投資家が評価したことだと指摘しています。さらにキクヴァッズは、「ビットフューリーの売上高は5億ドルに拡大しており、企業や政府レベルのグローバルなブロックチェーンB2Bテクノロジーインフラを提供する最有力企業となっています。今回の私募の資金調達によって、当社のコーポレート・ガバナンスは次の段階に移行するとともに、財務戦略上の選択肢が広がります。さらに、市場が成熟する中で当社が次の成長局面を迎えるための理想的な態勢が整うことになります」と述べています。

ビットフューリーの日本代表を務める青沼克典は次のように述べています。「当社のミッションを信じて今回の資金調達の引き受けに参加してくださった投資家の皆様に大変感謝しております。私たちは今回の支援を糧に、さらに野心的な2019年目標に向けた活動を後押しすると考えています」。

コレリア・キャピタルのアントワーヌ・ドレッシュ共同創業者兼マネージング・パートナーは次のように述べています。「ビットフューリーとブロックチェーンのエコシステムにとって非常に楽しみな時期に、主要投資家としてビットフューリーの資金調達に参加できて嬉しく思います。ビットフューリーは小規模のスタートアップから、包括的なブロックチェーン技術サービスを提供する欧米最大のユニコーン企業に成長しており、今では世界有数のリーダーシップと専門知識を備え、ブロックチェーン全体のエコシステムで革新的なソリューションを一貫して提供しています。」

ブロックチェーン技術のパイオニアであるビットフューリーは高性能コンピューティング技術とプロセシング能力を提供し、実際のブロックチェーン・ソリューションを展開する政府や企業の最先端のソフトウェア・ソリューションの一部を設計しています。同社は2018年、第6世代となるチップのビットフューリー・クラークASICチップとともに、高性能サーバーの新シリーズとなるビットフューリー・ターディスを発売しました。いずれの製品も、競争の激しいトランザクション処理と高性能コンピューティング・ハードウェアの市場において、同社独自の製品であるビットフューリー・ブロックボックスの性能を大幅に向上しています。

パブリック・ブロックチェーンに求められる高度なセキュリティにより、エネルギー消費をめぐる懸念が高まっており、同社はこの分野におけるエネルギー転換のエコシステムを主導しています。ビットフューリーは再生可能エネルギーによる自社データセンターの稼働に取り組んでいます。また、データセンターの電力使用量の大幅な削減を可能にする高性能コンピューティング・ソリューションである浸漬式冷却法の世界最大手となっています。

ビットフューリーはブロックチェーン向けソフトウェア開発能力に関しても世界的リーダーです。同社のブロックチェーン・フレームワークのExonumを主導するチームは最近、ブロックチェーンに基づく特許をめぐって新たなパートナーシップを発表し、2018年には土地登記のブロックチェーン・パイロットをバミューダに拡大すると発表しました。

ビットフューリーは提唱者およびソート・リーダーとして、世界経済フォーラムやグローバル・ブロックチェーン・ビジネス協議会設立を通じてブロックチェーンの広範な導入に寄与しているだけではなく、分析プラットフォームの Crystal Blockchainを2018年に稼働しました。このプラットフォームは法執行機関や金融機関に対し、ブロックチェーンおよび仮想通貨におけるAML(アンチ―マネーロンダリング)/KYC(顧客の身元確認)をサポートする包括的アナリティクスを提供しています。ビットフューリーはライトニングネットワークに多大な貢献をしている有力企業でもあります。

ギャラクシー・デジタルのマイク・ノヴォグラッツCEO兼創業者は次のように述べています。「当社は、ブロックチェーンとビットコインの大手ソリューション・プロバイダーであるビットフューリーとパートナーシップを組むことを非常に喜ばしく思っています。ビットフューリーの類まれなチーム、同社のビジョン、技術面での専門知識、世界的な事業展開に感銘を受けています。ビットフューリーのこのような優れた資質はいずれも、ビットコインのエコシステムの基盤を発展させるのに必要不可欠です。」

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、極めて重要性の高いテクノロジーを駆使し、将来のためのソリューションを構築しています。当社の使命はハードウェアやセキュリティー、ソフトウェアなどのあらゆる段階でイノベーションを発揮し、透明性と信頼性を向上させることです。2011年に設立したビットフューリーは、ビットコインブロックチェーン向けのセキュリティー・インフラプロバイダーのトップ企業です。ビットコインブロックチェーンのほか、カスタム可能な半導体チップやモバイルデータセンターなど仮想通貨やブロックチェーンのセキュリティーを担保する革新的なハードウェアを設計・生産しています。さらには、プライベートブロックチェーンのフレームワークのExonumや高度なアナリティクスプラットフォームのクリスタル・ブロックチェーン、オープンソース・ライトニングネットワークのライトニングピーチを提供する専門的なエンジニアリングチームを通じて、世界最先端のアプリケーションソフトウェアを提供しています。より詳しい情報は https://bitfury.com/jp(日本語)よりご確認いただけます。

ブライアン、ガルニエ&コーについて
ブライアン、ガルニエ&コーは成長企業に特化した欧州の独立系フルサービス型投資銀行であり、1996年に創立されました。同社は成長企業とその投資家に、株式リサーチ、販売とトレーディング、私募と公募を通じた資金調達、M&A(企業買収)サービスを提供しています。同社はハイテクやヘルスケアをはじめ、経済の主要な成長セクターに注力しています。ブライアン、ガルニエ&コーは登録されたフルサービス型のブローカー・ディーラーであり、欧州ではFCA(金融行為規制機構)、米国では金融業規制機構(FINRA)の認可を受けています。本社所在地はロンドンで、パリ、ミュンヘン、ジュネーブ、ニューヨーク、ニューデリーに拠点を配置しています。ロンドン証券取引所およびユーロネクストの会員です。

コレリア・キャピタルについて
フランス政府でデジタル経済担当大臣および文化・通信大臣を歴任したフルール・ペルラン氏が創立し、会長を務めるコレリア・キャピタルは、2億ユーロの資金力を有するベンチャーキャピタル・ファンドです。成長途上にある欧州やフランスのハイテク・スタートアップを支援しており、欧州でのユニコーン企業の育成を目標としています。ネイバーやその子会社のLINEの経験を生かしたアジアでの事業開発の機会も提供しています。

ギャラクシー・デジタルについて
ギャラクシー・デジタルはデジタル資産とブロックチェーン技術産業に特化した総合的なマルチサービス型商業銀行です。複数分野をカバーする同社のチームは投資、ポートフォリオ管理、トレーディング、資本市場、資産運用、アドバイザリー、ブロックチェーン技術など広範な分野で豊富な経験を有しています。本社所在地はニューヨークで、東京、香港、バンクーバー、ケイマン諸島(登録オフィス)、ニュージャージーに拠点を配置しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング