1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【業界初】理系学生専用ターゲットリクルーティングツール「TECH OFFER」が”人材エージェント向けサービス”をリリース

PR TIMES / 2021年9月2日 13時15分

TECH for Societyの実現を目指し、理系学生採用支援を行う株式会社テックオーシャン(本社:東京都千代田区、代表取締役:長井裕樹)は、TECH OFFER会員のデータベースを人材エージェント企業に開放したことをお知らせいたします。データベースの人材エージェント企業への開放は、理系新卒採用業界では初の試み(当社調べ)となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39682/19/resize/d39682-19-aff6f162ff8a6953f48a-0.jpg ]

■人材エージェント向けにデータベース開放
TECH OFFERは理系学生を対象としたオファー型リクルーティングサービスで、日本最大級の大学研究室データベースとそこに紐づく約150万件の技術キーワードデータを駆使し、手間なく簡単に自社がターゲットとする学生の母集団を形成することを可能とします。

TECH OFFERご利用企業様の多くは、選考が解禁される6月を目途に採用活動を終了するスケジュールで動かれていますが、一方で中堅中小企業などを中心に、人材エージェントサービスを活用して6月以降に積極的に採用活動を行う企業様も多数あります。
また学生側にも、大学院進学予定や公務員試験受験予定からの民間就職への方針転換、出遅れや思うように就職活動が進まないなどの状況から、就職活動後期と言われる6月以降にTECH OFFERにて意欲的に活動しているケースがあります。

そこで、人材エージェント向けにTECH OFFERのデータベースを開放し、オファーを配信いただくことで、就活後期に積極的に活動している学生と企業をマッチングし、理系学生における就職活動のさらなる活性化に貢献したいと考えております。
学生は人材エージェントからのオファー配信の受け取り可否を選択でき、希望すれば求人企業の紹介を人材エージェントから受けることが可能になります。
初年度として50社の利用を見込んでいます。

■ご利用対象
・人材紹介免許を取得しており、取得後3年が経過している
・弊社と競合する事業をおこなっていない

■ご利用可能時期
2022卒向けはお申込み後、順次ご利用を開始いただけます。
2023卒向け以降は、毎シーズン6月1日から3月31日の期間内でご利用いただけます。

■人材エージェントのメリット
・採用ニーズが高く、母集団形成の難易度が高い理系学生のデータベースに直接アプローチできる
・ターゲットを設定すれば、対象学生を自動ピックアップするため手間を抑えてアプローチできる
・理系学生を確保することで、エンドユーザー企業様への提案の幅が拡がる

■サービスお問い合わせ先
https://techocean.co.jp/contact/

■ご利用企業様(株式会社アクセスネクステージ様)からの期待の声
ここ数年、理系学生の採用ニーズが非常に高まっている中で、同時に多くの企業が理系採用に苦戦している状況です。
就活後期において、TECH OFFERの理系に特化した学生データベースにリーチすることで、理系採用にお困りの企業様に対し、人材のご紹介を促進させることができると期待しています。
当社は、TECH OFFERの販売パートナーとしての連携もおこなっており、より一層テックオーシャン社との連携を強化してまいります。

■株式会社アクセスネクステージ様について
JASDAQ上場のアクセスグループ・ホールディングスの事業子会社として、大学と連携した就活イベント、就活サイト運営、新卒人材紹介など、人材領域で幅広く事業展開しています。
https://www.access-t.co.jp/nx/index.html

■理系採用ツール TECH OFFER
[画像2: https://prtimes.jp/i/39682/19/resize/d39682-19-1ca2f3e7ebf411220d5d-1.jpg ]

TECH OFFERの利用企業数は現在250社。TECH OFFERでは、機械、電気電子、情報系、化学系、建築土木系などのサービス利用学生に対して、所属大学や学歴、出身都道府県、希望職種、技術スキル、性格特性等に応じて声掛け型の採用アプローチを自動で行えるほか、事業部ごとや事業所ごとにアカウントを持ち採用活動を展開することが可能となっている。

これを支えるのは日本全国の大学研究室及び大学教員約40,000人とそこに紐づく約150万件の技術キーワードを収集した国内最大規模のデータベース。例えば、工場の自動化などに役立つ”画像処理”、”画像認識”、”IoT”などのキーワードを設定することで、それぞれのキーワードを研究の中で取り扱っている大学研究室に自動アプローチができる仕組みとなっている。

理系学生の採用においては技術スキルや素養を評価してのアプローチが学生から求められる傾向が強く、TECH OFFERの活用により技術切り口などで自社の魅力を伝えて採用につなげることができたという喜びの声が多数発生している。
TECH OFFER: https://techoffer.jp/
テックオーシャンHP: https://techocean.co.jp/
※サービス導入事例や理系採用ノウハウ集等は株式会社テックオーシャンのHPをご覧下さい

【TECH for Societyとは】
学生をはじめ、あらゆる人々が身につけた「TECH(Technology&Technique)」が正しく評価され、「TECH」と「人・企業・社会」、「TECH」と「TECH」が最適な形でつながっている社会のこと。
テックオーシャンはそれらをつなぐ「Hub」でありたいと考えています。

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
Tel:03-6383-0433
E-mail:morikawa-s@techocean.co.jp
(広報担当:森川)




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング