1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

やさしい日本語を含む70言語以上の多言語翻訳に対応した PowerCMS X プラグインをリリース

PR TIMES / 2021年8月30日 11時45分

管理画面において多言語での記事作成および、PowerCMS X で構築した日本語ウェブサイトの自動翻訳に対応します。

PowerCMS X は日本国内で導入実績 3,000 サイトを超える、高性能・高機能のハイエンド CMS「PowerCMS」のノウハウを活かして、全くゼロベースで設計・実装されたリリースから3年の CMS です。開発言語 PHP で書かれ、高い拡張性、高速な静的ファイルパブリッシュを特徴としています。



アルファサード株式会社はこの度、ウェブサイトの多言語化のニーズの高まりを受け、PowerCMS X 向けにやさしい日本語を含む多言語翻訳対応プラグインをリリースいたします。

PowerCMS X にて構築済みウェブサイトの多言語への自動翻訳だけでなく、管理画面上で記事を作成しながら多言語化が可能なこと、当社のやさしい日本語化支援サービス「伝えるウェブ」の API を活かした「ふりがな付き日本語」「やさしい日本語」への翻訳機能を持っていることは大きな特徴です。

1. 管理画面における多言語での記事作成をサポート
リッチテキストエディタだけではなく、タイトルや概要などのテキストも選択してボタンひとつで自動翻訳。もちろん、手作業での修正も可能です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-f414c72755e8df6d936d-2.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-cdd63ef11f2d56545361-3.png ]


翻訳元言語・翻訳先言語の設定は編集中でも変更できます。
翻訳元言語が日本語である必要はありません。

[画像3: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-1ec2ee708c3cb81667af-1.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-1fcf29582f7c128613e5-5.png ]



2. PowerCMS X で構築したウェブサイトを自動翻訳
対応言語は70以上。任意の言語を選択してセットすることができます。「ふりがな付き日本語」「やさしい日本語」への翻訳にも対応。翻訳ページ数に制限はありません。
翻訳後ページに挿入する HTML を指定できたり、非表示要素や個別に翻訳するタグ、カスタム辞書の登録などのカスタマイズが可能です。
翻訳後のサイトに URL パスを設定することもできるため、海外の検索エンジンにインデックスさせるような設定も可能です。
例: https://powercmsx.jp/en/

[画像5: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-5ce5e989d97a5dc8d350-6.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-20ed9e039a31ced19ec0-8.png ]



3. やさしい日本語・ふりがなにも対応
やさしい日本語・ふりがな付き日本語にも対応。
当社のやさしい日本語化支援サービス「伝えるウェブ」の API を活用しています。ふりがなややさしい日本語の特定の言い換えパターンを辞書機能で登録できます。


[画像7: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-8bf6152f7d788c089253-7.png ]



4. 翻訳のカスタマイズに対応
翻訳精度を高め、誤訳を防ぐためのカスタマイズができます。固有名詞、フレーズ、翻訳除外フレーズ、HTMLブロックを登録できるカスタム辞書数への登録数に制限はありません。

カスタム辞書(固有名詞、フレーズ、翻訳除外フレーズ、HTMLブロック)
個別翻訳タグの指定、タイトルケースタグ・クラス指定
翻訳後ページでの非表示ブロックの指定
翻訳後ページに挿入する HTML 指定



[画像8: https://prtimes.jp/i/41204/19/resize/d41204-19-1c7d4f3cc1153ee5dc56-0.png ]



5. キャッシュ機能により変換速度を高速化し、コストを節約
ページ単位、翻訳フレーズ単位、指定したブロック単位で翻訳結果をキャッシュします。
一度翻訳した内容を再度翻訳しないことにより、ページの表示レスポンスを速め、また、翻訳サービスの従量課金のコストを節約することができます。


プラグインの費用以外のコストは従量課金、毎月200万文字まで無料。設定・支払い代行、固定額プランも用意


MachineTranslator プラグイン 220,000円(税込)
次年度以降のサポートライセンス 44,000円(税込)

このプラグインは Azure Cognitive Services の Microsoft Translator を利用します。
Microsoft Translator のサブスクリプション・キーの取得はお客様にて行っていただきます。
翻訳については翻訳文字数による従量課金制となりますが、毎月200万文字は無料で利用できます。
キャッシュにヒットした場合、課金対象にはなりません。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/cognitive-services/translator/

なお、月額固定での利用をご希望の場合は、個別にご相談ください。

※ Microsoft および Azure は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング