高強度光ファイバDVI-Dケーブルシリーズ 2020年11月13日(金)より発売開始!

PR TIMES / 2020年10月28日 11時15分

[型番:ADG-xxxM]

株式会社エーディテクノ(東京都新宿区)は高強度アクティブ光ファイバDVI-Dケーブル シリーズ10m [型番:ADG-010M]、15m [型番:ADG-015M]、20m [型番:ADG-020M]、30m [型番:ADG-030M]、40m [型番:ADG-040M]、50m [型番:ADG-050M] 、100m [型番:ADG-100M](全7種)を2020年11月11日(水)より発売致します。

[ADG-xxxM] http://www.ad-techno.com/products/cable/ADG



[画像1: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-987593-0.jpg ]

<製品概要>
本製品は、ケーブル部にステンレスとケブラー(R)が被覆されたガラス光ファイバケーブルを採用したアクティブシングルリンクDVI-Dケーブルです。最大でWUXGA解像度(1920x1200)までの信号を電源供給なしで最長100mまで伝送することが可能です。※1)
ケーブル被覆は4層構造になっており、耐ノイズ用の編組シールド、螺旋構造のステンレス鋼、防弾チョッキにも使われる軍用グレードケブラー(R)、柔軟で伸びが良いTPUの順番に光ファイバと銅線を覆っております。この独自構造により最大2000N (203.9kgf)の圧力に耐えられる優れた圧壊強度と、最大800N (81.6kgf)の高い引張強度を持ちながら、許容曲げ半径10mmに耐えられる柔軟性を実現しました。※2) ケーブルが踏まれたり、引っ張られたりしてしまうことの多い現場や設備などでも信号・機能を損なわずに維持します。

メタル筐体を採用したコネクタ部は電磁両立性に優れ、外来ノイズの干渉を受けにくく、本体からのノイズ発生も最小限に抑えます。また、ケーブル内部の銅線・ファイバ線には細い銅線を編み込んだ編組銅線シールドを被せており、ケーブル自体の耐ノイズ性も向上させているので、ノイズ対策が必要な現場や医療用機器などにも最適です。※3)

 長距離伝送(最大100m)、電磁両立性などの光ファイバケーブルの特性を持ちながら、高強度(耐圧2000N・耐引張800N)と柔軟性(許容曲げ半径10mm)を併せ持つ本製品は、医療機器、FA機器、組込機器、サーバールーム、映像制作スタジオなど、ケーブル断線等による接続エラーとノイズを避ける必要がある様々な場面にてご利用いただけます。


<製品の特長>
■最大WUXGA解像度を電源供給なしで最長100m伝送
最大WUXGA解像度(1920x1200)までのDVI-D信号を電源供給なしで最長100mまで伝送することが可能です。※1)

[画像2: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-141470-1.jpg ]




■独自の4層構造被覆により高強度かつ高い柔軟性
ケーブル被覆は4層構造になっており、耐ノイズ用の編組銅線シールド、ステンレス鋼(高強度・高耐圧)、ケブラー(R)(高強度・高耐熱)、TPU(柔軟・耐摩耗・耐引張)の順番に光ファイバと銅線を覆っております。この独自構造により、短時間であれば最大2000N (203.9kgf)の圧力に耐える優れた圧壊強度と、最大800N (81.6kgf)の高い引張強度を持ちながら、瞬間的に許容曲げ半径10mmに耐えれる柔軟性を実現。※2) ケーブルが踏まれたり、引っ張られたりしてしまうことの多い現場や設備などでも信号・機能を損なわずに維持します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-874515-2.jpg ]

耐ノイズ用の編組シールド、螺旋構造のステンレス鋼、防弾チョッキにも使われる軍用グレードケブラー(R)、柔軟で伸びが良いTPUの4層構造


■優れた電磁両立性
メタル筐体を採用したコネクタ部は電磁両立性に優れ、外来ノイズの干渉を受けにくく、本体からのノイズ発生も最小限に抑えます。また、ケーブル内部の銅線・ファイバ線には編組銅線シールドを被せており、ケーブル自体の耐ノイズ性も向上させているので、ノイズ対策が必要な現場や医療用機器などにも最適です。※3)

[画像4: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-419349-3.jpg ]

メタル筐体により電磁両立性を高めた設計に


■使用シーン・用途
医療機器、FA機器、組込機器、サーバールーム、映像制作スタジオなど、ケーブル断線等による接続エラーとノイズを避ける必要がある様々な場面にてご利用いただけます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-377355-4.jpg ]




■ラインナップ
[画像6: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-271764-6.jpg ]




■製品仕様
[画像7: https://prtimes.jp/i/49925/19/resize/d49925-19-858214-5.jpg ]

※1) 全ての機器との動作を保証するものではありません。ソース機器側の電力が不足した場合や不安定な場合、正しく動作しない可能性があります。
※2) 数値はケーブルの特性を示すもので、性能を保証するものではありません。
※3) メタル筐体及びケーブルの特性を示すもので、ノイズフリーを保証するものではありません。
※外観、および各仕様につきましては予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※全ての機器との動作を保証するものではありません。
※ケブラー(R)は、米国デュポン社の関連会社の商標あるいは登録商標です。


<株式会社エーディテクノについて>
株式会社エーディテクノは、業務用ディスプレイ、コンバーター、ケーブルなどを開発・製造している業務用映像機器メーカーです。1997年の創立以来、国内市場ニーズに合わせて業務用ソリューションに特化した商品を多数、世の中に提供し続けてきました。メイン商品である小型ディスプレイは、日本全国の放送・教育・FA・監視・医療に至るまで、今やあらゆるビジネスの現場で採用されています。日本メーカーならではの品質やニッチな商品展開が注目され、近年ではドイツ、イギリス、フランスを始めとするヨーロッパから、中東、アジアまで、世界中に商品を出荷しています。2020年に、ディスプレイ商品の補完的な役割を担う商品を多数展開するMATRIX ELECTRONIC TECHNOLOGY社と日本国内での総代理店契約を締結。世界中の昼夜の違う国に、市場ニーズに合わせたユーザー目線の製品を届けることを使命に、業務用映像機器の未来を開拓していきます。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング