1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

全国初となるEV自動車充電器メーカー初のデザイン拠点「PLUGO DESIGN CENTER(プラゴデザインセンター)」設立

PR TIMES / 2021年9月14日 18時15分

電気自動車普及のための充電サービスを行う株式会社プラゴ(東京都品川区東五反田 代表取締役:大川直樹)は9月1日、EV充電器メーカー初のデザイン拠点となるプラゴデザインセンターを開設しました。
本センターは、株式会社プラゴと業務提携を結ぶブランディングブティック・株式会社セイタロウデザイン内のデザインユニットとして設立、プラゴのファウンダー兼CDO(チーフ・デザイン・オフィサー)である山崎晴太郎が所長を務め、プロダクトデザイン・環境デザイン・コミュニケーションデザイン・デザイン経営の4つの領域において、それぞれに精通するプランナー・デザイナー5名を軸に活動を開始し、順次、体制を強化します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/60444/19/resize/d60444-19-1ec4eca934e7180c9be0-0.png ]

【プラゴデザインセンター設立の背景と目的】
株式会社プラゴは2018年の設立当初より、モノづくり×デザイン力をもとにしたデザイン経営を軸に、人ありきの普及体制、車社会にまつわる交通課題の解決や、新しい設備と景観との調和などの様々な課題に取り組みつつ、続けたくなる未来の創造に取り組んできました。
視覚的ノイズを抑えた、意匠性の高いプロダクトデザインは高く評価され、ゴルフ場や、ホテルなどで導入されています。一方、現在国内外でEV充電設備や電動自動車を増やす動きが活発化していますが、テクノロジーや技術・機能の議論が先行し、残念ながら景観やデザインに対しての視点は重要視されていません。

プラゴデザインセンターは、自社製品のデザイン性の強化はもちろん、EV普及後の景観を美しくするという使命を持って、他社のプロダクトデザイン、EVにまつわる設備や都市計画のデザイン、そしてEVを通したコミュニケーションデザインも含めて、デザインの力で「未来のホスピタリティ」を創造することを目的として設立されました。

【プラゴデザインセンターの活動概要】  https://plugo.co.jp/design/
EV充電器という「点=プロダクト」で見るのではなく、エネルギーを取り巻くすべて。そこから生まれる景観、社会とエネルギーとの関係性まで含めた「面=環境全体」を視野に入れたデザインを扱います。
プロダクトから空間、ランドスケープまで。私たちの強みである、幅広いチャネルを組み合わせることで、「環境そのもののデザイン」を実現し、こうした活動の理解を深めるためのセミナーの開催も予定しております。



プロダクトデザイン:EVに関わる自社・他社製品のデザイン力を最大限高めます。
環境デザイン:EVと空間が調和するための、全てのまちづくり、景観のデザイン性の向上に寄与します。
コミュニケーションデザイン:オウンドメディアを含め、EV・エネルギー業界に関する理解・啓蒙を深めるコミュニケーションをデザインします。
デザイン経営:プラゴのデザイン経営を推進すると同時に、エネルギー業界で企業活動にデザインを取り入れることで企業力を強化したい企業に貢献し、エネルギー領域全体のデザイン力を向上します。



■株式会社プラゴ デザインセンター代表 山崎晴太郎 
[画像2: https://prtimes.jp/i/60444/19/resize/d60444-19-a31c88d1f00f8bbd0a78-1.jpg ]

プロフィール
株式会社セイタロウデザイン / 代表、アートディレクター、デザイナー、
株式会社JMC / 取締役兼CDO

横浜出身。立教大学卒。京都芸術大学大学院芸術修士。2008年、株式会社セイタロウデザイン設立。企業経営に併走 するデザイン戦略 設計やデザインコンサルティングを中心 にしたブランディング、プロモーション設計を中心 に、グラフィック、WEB・空間 ・プロダクトと多様なチ ャネルの アートディレクションを手がける。主なプロジェクトには、奈良少 年刑務所を 民営化するプロジェクトや、多摩地 域ブランディングプロジェクト、ホテルブランディングプロジェクトの企画・アートディレクションなど。
各デザインコンペ審査委員や省庁有識者委員 を歴任 。


FMヨコハマ84.7「文化百貨店(毎週日曜2430-2500)」メインパーソナリティ。
東京2020組織委員会、スポーツプレゼンテーション・クリエイティブアドバイザー。

■プラゴデザインセンター設立にあたってのコメント
プラゴデザインセンターが立ち上がりました。これは、新しい文化を社会実装した未来が続けたくなる未来であるために、デザインが意思を持って進んでいくための枠組みです。
今後は、セイタロウデザインのデザインとコミュニケーションの知見を最大限に活かし、PLUGO自社商品のみならず、EVを取り巻くエネルギー産業全体に寄与するため、他社とコラボレーションするデザイン開発やEV充電器に止まらない景観や都市インフラの提案など幅広く活動をしていきます。

■株式会社プラゴについて
1934年の創業以来自動車部品のものづくりを続けている大川精螺工業株式会社とデザイン・ブランディング事業を行う株式会社セイタロウデザイン、2社の共同事業として2018年設立。製造・デザイン・I OTの力を掛け合わせ、E Vにまつわる全てをおもてなしに変える、サステナブルイノベーションを目指して事業を行っています。今後様々なメーカーからEV /PHV の車両が発売されていく中で、「目的地充電」インフラとしての幅広い展開を目指しています。

■プラゴ デザインセンターではデザインを軸に新しい社会を作っていく仲間を募集しています!
現在、プラゴでは今後のさらなる事業拡大を見据えて、我々の目指す「続けたくなる未来を創る」という想いに共感し熱意を持って挑戦してくれる「デザイナー」「プランナー」などの人材を積極的に募集しております。ご興味のある方は、ぜひともお問い合わせください。
URL: https://www.wantedly.com/companies/plugo

■企業概要
所在地:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-20-4 NMF高輪ビル8F
代表者:代表取締役 大川直樹
資本金:1億8,800万円 (資本準備金・新株予約権含む)
U R L: https://www.plugo.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング