体験ギフト商品をラインアップし、SNS上でその体験を共有 「myFaveギフト」を提供開始

PR TIMES / 2012年11月21日 12時38分



http://myfave.jp/gift/


株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)とギフコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:文字 光雄)は、オウケイウェイヴと日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下)の共同事業のショッピングSNS「myFave(マイ・フェイブ)」内に、ギフト商品専門カテゴリ「myFaveギフト」を2012年11月21日に開設しました。


「myFaveギフト」では、ギフコ株式会社の企画による「“時”を贈るギフト」「“物語”を贈るギフト」をコンセプトとした、体験型であることを特徴としたギフト商品を検索・閲覧し、購入することができます。また、ユーザーは他の商品同様に、気に入ったギフト商品に対して“お気に入り”な気持ちを示す「Fave」ボタンを押すことで、他のユーザーと共感し合ったり、お気に入りのギフト商品を他のユーザーにレコメンドしたり、複数のギフト商品を自由に組み合わせて作成する「コレクション」を共有することもできます。


この体験ギフト商品には、全国有数のホテルや温泉などの宿泊券やレストランの食事券、エステサロンやスポーツアクティビティ、ヘルスケアなど様々な体験型のギフト商品を約500アイテム取り揃えています。


また、新たにmyFave内に「myFaveギフト」特集ページを開設(http://myfave.jp/gift/)。ページ内ではギフトシーンや贈り先に合わせたおすすめの体験ギフト商品を紹介し、本当に喜ばれるギフトを選ぶ提案をしていきます。中でも「myFave」でしか手に入らないプレミアムな体験ができるプレミアムギフトをご案内します。
今後も引き続き、季節やトレンドに合わせた様々な体験ギフト商品を企画・展開していきます。


従来、ギフト商品は贈る側、贈られる側の2者間の関係性で成立してきましたが、昨今のコンシューマーのソーシャルメディアの利用機会拡大によってギフト機会の拡大と可視化が進んでおり、贈る行為や贈られた喜びを贈り手や仲間と共有する動きも広がっています。


現在も「myFave」ではショッピング体験を通じてユーザー同士がつながるSNSとして日夜、商品やショッピング経験の共有がなされていますが、「myFaveギフト」が加わることによってギフトを贈る喜びも贈られる喜びもユーザー同士共有し、よりショッピングを楽しむことができるSNSとして「myFave」を進化させていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング