アルツハイマー病に対するくるみの効果について新たな研究

PR TIMES / 2014年10月31日 12時35分

くるみを加えた食事が脳を健康にする可能性が動物実験で判明

カリフォルニア州フォルサム(2014年10月31日)―『ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ』に発表された新しい動物実験で、くるみを取り入れた食事はアルツハイマー病の発症リスク抑制、発症遅延、進行抑制、予防といった有益な効果をもたらす可能性があることが示されました。

ニューヨーク州立発達障害基礎研究所(IBR=Institute for Basic Research in Developmental Disabilities)発達神経科学研究室長のアバ・チャウハン博士の率いた研究で、くるみを加えた餌をマウスに与えたところ、学習能力、記憶力、不安軽減、運動発達において有意な改善が見られました。

研究者らは、くるみに抗酸化物質が豊富に含まれる(3.7 mmol/オンス)(参考資料:1)ことが、アルツハイマー病で典型的にみられる変性症からマウスの脳を保護する一因となった可能性を示唆しています。酸化ストレスと炎症はアルツハイマー病の中心的な特徴であり、アメリカでは500万人以上がアルツハイマー病にかかっています。(参考資料:2)

「今回の研究結果は非常に有望であり、根治方法が見つかっていない病気であるアルツハイマー病とくるみの関係を調べる今後の臨床試験の土台を築く助けとなります」と研究責任者のアバ・チャウハン博士は語りました。「認知機能に対するくるみの保護作用を証明する研究は増えており、私たちの研究もその一つとなります」

研究グループは、マウスの餌の総量のうち6パーセントまたは9パーセントをくるみとした場合の効果を調べました。これはヒトに換算すると、1日に1オンス(約28グラム)または1.5オンス(約42グラム)のくるみに相当します。今回の研究は、チャウハン博士が率いた過去の細胞培養実験から発展したものです。その実験では、アミロイドβタンパク質による酸化ダメージに対してくるみ抽出物が保護作用を示すことが明らかになりました。このタンパク質は、アルツハイマー病患者の脳内で形成されるアミロイドプラークの主成分です。

くるみには、これ以外の栄養効果もあります。さまざまなビタミンやミネラルを含み、心臓と脳に対する保健効果をもつオメガ3脂肪酸であるアルファ・リノレン酸(ALA)を豊富に含む(2.5グラム/オンス)唯一のナッツ類だからです。(参考資料:3、4)研究者らはまた、今回の研究で見られた行動症状の改善にALAが関与した可能性も示唆しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング