東京・大阪 最新端末によるRBB TODAY SPEED TEST分析レポート

PR TIMES / 2014年7月22日 11時3分

平均ダウンロード速度No.1はキャリアアグリゲーション搭載のau

調査・マーケティング会社の株式会社イード(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが最新端末にて計測したデータよりNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのネットワーク速度を比較した結果をレポートとしてまとめ、本日より公開いたします。
本レポートは同アプリを使用して計測されたデータより、最新端末の計測データのみを集計し、キャリア別に見た東京都全域、東京23区、大阪府のLTEの平均スループットを比較分析したものです。2014年6月1日より2014年6月30日までに同アプリで収集した実測データをもとに、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3キャリアの通信環境比較を実施いたしました。
レポートは参考資料よりダウンロードしてください。




■ TOPICS
東京都、大阪府における3キャリアのLTE平均ダウンロードスループット比較結果において、KDDIのLTEが30Mbps超、キャリアアグリゲーション(以下、CA)及びWiMAX2+搭載の相乗効果

計測データ数が多い東京都、大阪府において最新端末におけるLTEの平均スループットを比較した結果、ダウンロードの数値においてKDDIが東京都、大阪府共に最も速いということが分かりました。2014年3月に実施した同様の分析と比較すると、10Mbps以上の数値差があることから、この5月に導入したCAとWiMAX 2+ダブル搭載が効果を示したと考えられます。さらに、国内でも最も通信が過密する東京23区においてもKDDIがダウンロードで33.0Mbpsと最も速いという結果となりました。CAによる効率的な周波数利用という特徴が働き、個々のユーザーにおける平均スループットを押し上げたと思われます。

東京都23区別のスループット比較でもKDDIが優位に
東京都23区毎に各社のスループットを比較したところ、比較可能な21区において15区でKDDIのダウンロード平均スループットが他社を上回るという結果となりました。地域差はあるものの、KDDIが導入したCAというネットワーク技術が通信速度向上に対して最も効果的な手法になったと考えられます。なお、NTTドコモは4区、ソフトバンクモバイルは2区となりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング