【ボランティア募集】被災地の子どもたちの幸せを願うユニセフ「祈りのツリープロジェクト」

PR TIMES / 2012年11月12日 16時36分

----------------------------------------------------------------------------
   ユニセフ「祈りのツリープロジェクト」
 被災地でのオーナメントづくりボランティア110名募集
----------------------------------------------------------------------------



昨年、震災後初めて迎えるクリスマスに向けて行われたユニセフ
「祈りのツリープロジェクト」。 被災地の子どもたちの幸せを願い、
デザイナーや美大生たちが会社や大学の壁を越えて参加し、
手作りのオーナメントと100本以上のツリーを東北の子どもたちに
贈ることができました。
また、被災地の計15ヶ所で行われたワークショップにて子どもたちが
オーナメントづくりに参加し、たくさんの笑顔が生まれました。


今年も被災地で子どもたちと一緒にオーナメントをつくり、
飾り付けをしていただくボランティアを募集いたします。


震災から1年半が過ぎ、被災地への関心は低くなる一方、復興は
まだこれからです。昨年と同じ気持ちで、被災地の子どもたちの
幸せを祈る本プロジェクトへの多くの方々の参加を呼びかけております。


報道関係の皆さまにおかれましては、ぜひボランティアの募集告知に
ご協力くださいますよう、お願い申し上げます。


□クリスマス会 
 ― 被災した子どもたちとのオーナメント作りワークショップ ― 詳細

<岩手・大槌、宮古> 日程:12/1(土)~2(日)
<宮城・気仙沼> 日程:12/1(土)~3(月)早朝
<宮城・石巻> 日程:12/9(日)~10(月)
<山形*> 日程:12/9(日)~10(月)
*福島から避難している子どもたちとオーナメントづくりを行います。

詳しくは、特設サイトにてご確認ください。http://www.inoritree.com/party/


--------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「ユニセフ祈りのツリー」プロジェクト とは 
被災後はじめて迎えるクリスマスに、日本中が被災地に改めて想いを馳せ、被災地の子どもたちに
笑顔をプレゼントすることを目指し、2011年7月、祈りのツリープロジェクトと
日本ユニセフ協会により発足。昨年は、プロのデザイナーや美大生2000人が、被災地への想いを
込めたオーナメントをデザイン。岩手、宮城、福島の子どもたちにツリーとともに届けられました。
同時に、約15ヶ所の保育園・幼稚園では、ボランティアのデザイナー・美大生が子どもたちと
オーナメントづくりのクリスマス会を実施。さらに都内では、祈りのオーナメントに彩られた
ビッグツリーの展示やオーナメント募金を通じて、被災地の子どもたちへの想いを広げました。
今年も、ビッグツリーの展示に留まらず、12月には、岩手、宮城、山形(福島からの被災者対象)にて
子どもたちによるオーナメント作りワークショップを実施します。(http://inoritree.com)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング