「オフィスおかん」を運営するおかんとオイシックスが事業、資本提携

PR TIMES / 2014年6月5日 9時41分

オフィス向け食サービスにおける提携により両社事業成長を推進

有機や特別栽培の農産物など安心食品宅配を提供するオイシックス株式会社と、オフィス向け“ぷち社食サービス”「オフィスおかん」を運営する株式会社おかんは、両社事業の拡大発展のため資本提携を致しました。今後、事業提携に向けて協議を進めてまいります。
オイシックスはおかんに出資をすることで、本年5月13日より開始したオフィス向けサラダデリバリーの拡大を推進します。



有機や特別栽培の農産物など安心食品宅配を提供するオイシックス株式会社(東京都品川区、代表・高島宏平、以下オイシックス)と、オフィス向け“ぷち社食サービス”「オフィスおかん」(参考1)を運営する株式会社おかん(東京都渋谷区、代表・沢木恵太、以下おかん)は、両社事業の拡大発展のため資本提携を致しました。今後、事業提携に向けて協議を進めてまいります。
今回、オイシックスはおかんに出資をすることで、本年5月13日より開始したオイシックス初のBtoE(Business to Employee)サービスのオフィス向けサラダデリバリー(参考2)の拡大を推進します。


■ おかんとオイシックスの提携概要
両社の強みを活かし、今後下記の事業提携に向けた協議を進めてまいります。

1)商品卸
Web・IT系のベンチャー企業を中心に導入が進んでいる「オフィスおかん」へ、オイシックスのプライベートブランド商品の野菜ジュース「Vegeel(ベジール)」などを卸します。ニーズにあわせ、飲料以外の商品についても導入を検討します。

2)営業連携
両社、お互いのクライアントへ相互にサービスを紹介することで、導入先の拡大を狙います。

3)物流連携
オフィスへの商品配送を連携することで、両社の配送効率を高める取組みをします。


■ 提携の背景
新たなBtoEサービスのリリースが相次いでいる中、特に従業員向けの食関連サービスのニーズは今後の拡大が予想されます。オフィス向け食関連サービスを提供するおかんとオイシックスは、事業、資本提携により、両社事業の拡大を目指します。
おかんでは、調達した資金をもとに、主力事業であるオフィス向け簡易設置型社食サービス「オフィスおかん」の利便性向上とサービス拡大を行います。
オイシックスでは、本年5月より開始をしたオフィス向けサラダデリバリーサービスの導入先拡大や、当社商品を「オフィスおかん」へ卸すことで、サラダデリバリー以外でもオフィス需要を満たすことを狙います。また、ネット宅配サービス「Oisix」の利用者は働くママや共働き夫婦も多く、親和性の高い潜在顧客への認知拡大も見込めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング