衣料品で初めて再生羽毛「グリーンダウン」を用いたダウンコートを10月下旬より発売 「サンヨー」など婦人服4ブランドから

PR TIMES / 2014年10月21日 10時6分

ダウン製品の回収も実施 ~ 地球にやさしく、安心・安全品質を ~

三陽商会は、コートブランド「サンヨー」をはじめとする婦人服4ブランドから、再生羽毛「グリーンダウン」を用いた環境にやさしく安心・安全品質のダウンコート計11型を、全国百貨店及び、当社直営オンラインストアの「サンヨー・アイストア」にて10月下旬より発売を開始いたします。再生羽毛「グリーンダウン」として衣料品に用いるのは今回が初めての試みです。そして、環境保全につながる持続可能なものづくりを目的に、ダウン製品の回収を今年11月より実施いたします。




【 商品開発の背景 】
~ 羽毛の需給バランスの崩れ ~

鳥インフルエンザの感染拡大により、中国では2013年春以降、羽毛の原料であるアヒルやガチョウなど食用の水鳥の処分が増える一方、中国をはじめとする新興国では、富裕層・中間層の拡大により良質な羽毛製品に使われるダウンの需要が高まっているため、世界的に需給バランスが崩れ、羽毛価格も高止まりしている状況にあります。擬似羽毛や未洗浄のリサイクル羽毛の混入も増加し、安心・安全品質のダウンを安定価格で提供することが難しくなっています。

~ 環境にも配慮した付加価値のあるコートを ~
ダウン需要の増加と、原料不足の状況が続き羽毛の調達が多様化する中、三陽商会では、欧米ではすでに一般化しつつあるという “羽毛のリサイクル”を日本でも広め、ダウンの質や環境にも配慮したコートをお客様へ届けたいと考え、今冬、衣料品では初めて再生羽毛「グリーンダウン」を使用したコートをファッションに付加価値を求めるお客様へ向けご提案いたします。

【 再生羽毛「グリーンダウン」について 】

再生羽毛「グリーンダウン」は、世界でも屈指の羽毛の精製・加工技術をもつ三重県の河田フェザー(株)が手掛けるサイクルシステムにより生み出されるダウンです。メンテナンスを加えれば100年以上も繰り返し使える丈夫な素材でありながら、これまで国内で使い捨てにされてきた羽毛製品を回収し、取り出した羽毛に独自の洗浄回復技術を施し、更に選別した良質なダウンのみ再生羽毛「グリーンダウン」として新たな製品に還元することで、質の良い羽毛の安定供給と環境保全にも貢献する取組みです。


【 羽毛製品の回収について 】

三陽商会は、再生羽毛「グリーンダウン」を使用した製品の販売に加えて、環境保全につながる持続可能なものづくりを目的に、ダウンの回収を始めます。第一弾としては今年11月1日(土)~3日(月)の3日間、大阪の万博記念公園東の広場で開催される8万人以上の動員を見込む環境啓発イベント「第22回 ロハスフェスタ in 万博公園」の会場内主催者ブースにおいて、ロハスフェスタ実行委員会と共に、イベント来場者からダウンコートや羽毛布団等の羽毛製品の回収を実施します。そして、河田フェザー(株)との共同によるブースを設け、ダウンがリサイクル可能な資源であることを環境意識の高い来場者の方へ紹介します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング