対前年同月比69ヶ月連続更新!! 7月の輸出販売台数が同月最高の12,875台を記録!

PR TIMES / 2014年8月11日 9時20分

~輸出好調タンザニアの国際商業祭にブース出展~

(株)ビィ・フォアードの7月の輸出販売台数の見込みが対前年同月比56.0%増の12,875台、売り上げは対前年同月比67.1%増の39億3,609万円となり、いずれも同月の過去最高記録を更新する見通しとなりました。
対前年同月比は69ヶ月連続更新中!



対前年同月比69ヶ月連続更新!!
7月の輸出販売台数が同月最高の12,875台を記録!

~輸出好調タンザニアの国際商業祭にブース出展~

中古車輸出販売世界一を目指す(株)ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功)の7月の輸出販売台数見込みが、対前年同月比56.0%増の12,875台(前年同月実績8,253台)となり、過去最高の台数を記録し対前年同月比を69ヶ月連続で更新する見通しとなりました。


当社は、2014年7月の輸出販売台数の見込みが前年同月比56.0%増の12,875台(前年同月実績8,253台)となり、これまで12,000台としていた販売見込みを上方修正し、7月単月の実績の過去最高を記録する見通しとなりました。また、対前年同月比を69ヶ月連続で更新する見通しです。
単月の売上高見込みは、前年同月比67.1%増の39億3,609万円(前年同月実績23億5,519万円)となる見通しです。

【タンザニアの商業祭にブース出展】
2014年7月4日~7月8日にかけ、第38回ダルエスサラーム国際商業祭「サバサバ」が開催され、そのジャパンパビリオンにブースを出展いたしました。当商業祭は例年約22万人の来場者があるタンザニア最大の商業祭で、今年度はジャパンパビリオンに日本企業23社(前年度は15社)が出店しました。


4日~7日の4日間でジャパンブースには約7万6,000人が訪れ、弊社のブースにタンザニアのキクウェテ大統領と、タンザニアを訪問中の秋篠宮同妃両殿下が訪れる一幕もありました。キクウェテ大統領には、弊社のスワヒリ語が話せる日本人スタッフがアテンドを行い、弊社の目指すジャパンクオリティーの製品とサービスの隅々までの浸透を現地の言葉で伝え、大統領からは、今後のさらなる両国の商業発展に期待する旨のメッセージをいただきました。

弊社におけるタンザニアへの輸出台数は、2012年度の6,316台から2013年度は103.4%増の12,853台と高い伸び率を維持しており、タンザニアの現地オフィスを通じ、販売サポート、修理などのアフターケアサービス、内陸地への納車サービスのシティーデリバリーサービスを拡充し、今年度中に年間20,000万台の輸出を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング