JR東日本盛岡支社×絵本ナビ「みんなでつくる!SLえほん制作プロジェクト」 SL復活!子どもたちとともにオリジナルSL絵本をつくりました。

PR TIMES / 2013年12月25日 9時21分

絵本の情報・通販サイトを運営する株式会社絵本ナビ(本社東京都渋谷区/代表取締役社長金柿秀幸)は、2013年6月より東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)盛岡支社と「みんなでつくる!SLえほん制作プロジェクト」を進めてまいりました。

SLをテーマにしたストーリーのアイデアを一般から募集し、このアイデアをもとに、絵本制作のワークショップを経て、絵本作家・石井聖岳さん文・絵による絵本『SLぎんがくんのいちにち』が完成しましたのでご報告いたします。



■SL銀河の魅力をより多くの方々に知ってほしい…絵本「SLぎんがくんのいちにち」が完成!


<ストーリー>
SLぎんがくんとぎんがくんに乗る子どもたちとの交流や、さまざまユニークな駅に到着する様子のお話です。

※絵本の内容は、絵本ナビ全ページためしよみ機能を使ってご覧いただけます。
 http://www.ehonnavi.net/feat/sl_ehon/
(「ためしよみする」をクリックするとお読みいただけます)


※絵本は寄贈用として制作し、発売はおこないません


<絵本ナビ 全ページためしよみサービスとは>
絵本ナビメンバーにご登録いただいた方のみ、対象作品1作品につき、1回「全ページためしよみ」することができるサービスです。現在は1,000作品以上がお楽しみいただけます。

※「SLぎんがくんのいちにち」については、何度でもためしよみできます


■「SLぎんがくんのいちにち」には、「SLえほんのお絵かきワークショップ」で子どもたちが描いた絵も登場しています。
(ワークショップの様子)


(絵本の中に使われている箇所)


絵本ナビでは、絵本が完成するまでの様子を制作日記としてレポートしています。
<絵本ナビ編集部がお届けするJR東日本SLえほん制作日記>
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/produce_dialy/sl/


■絵本ナビ 概要 http://www.ehonnavi.net/
「子どもに絵本を選ぶための情報を集めた参加型絵本紹介サイト」というコンセプトで、2002年4月にオープンしたインターネットの絵本サイト。100 社を超える絵本出版社の協力を得て絵本の画像や紹介文を掲載しています。業界初となる、Web上で「一冊につき一度だけ」全ページが試し読みできるサービスの対象は1,000作品以上、一部試し読み可能作品は5,100作品以上、年間利用者数は600万人となっています。「子どもとどんな時間を過ごせたか」など、この絵本をこれから子どもに選ぼうとしている方へのアドバイス、という観点で書かれた26万件以上に上る利用者の「生の声」は、ただの評価にはない温かみと、情報としての深みがあるとして好評。独自の評価ランキングや、対象年齢別のおすすめ絵本、新着レビューコーナー、新刊絵本紹介、メールマガジンなど、豊富なコンテンツで、子育て中の母親を中心に人気を博しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング