ニュージーランド航空が新しい機内安全ビデオ「パラダイス」編を発表

PR TIMES / 2014年2月12日 14時28分

「スポーツ・イラストレイテッド」誌の水着特集50周年を記念して艶やかなモデルたちが出演

ユニークな機内安全ビデオの制作で知られるニュージーランド航空は、2月12日、米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」の名物水着特集の50周年記念号とコラボレーションし、世界一美しい機内安全ビデオ「パラダイス」編を発表しました。



ユニークな機内安全ビデオの制作で知られるニュージーランド航空は、2月12日、米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」の名物水着特集の50周年記念号とコラボレーションし、世界一美しい機内安全ビデオ「パラダイス」編を発表しました。

この機内安全ビデオは、絵のように美しいクック諸島で撮影され、同誌の人気モデルたちが出演しています。スーパーモデルのクリッシー・テイゲン、アリエル・メレディス、ハンナ・デーヴィス、ジェシカ・ゴメス、そして、「スポーツ・イラストレイテッド」誌水着特集の表紙を3度飾った元祖スーパーモデル クリスティ・ブリンクリーがカメオ出演しています。

ニュージーランド航空のグローバル・ブランド・ディベロップメント部長ジョディ・ウィリアムスは「この機内安全ビデオを観た多くの方々が、クック諸島への旅行に関心を向けていただければ」と、同誌とのコラボレーションに期待を寄せています。このビデオは「スポーツ・イラストレイテッド」誌水着特集の50周年記念として、テレビ、オンライン、紙媒体のグローバルキャンペーンで紹介され、世界中の人々が目にすることになります。

撮影場所のクック諸島は、ニュージーランド航空の太平洋諸島の重要なデスティネーションの一つで、40年以上運航を続けています。2013年だけでも、オークランド、シドニー、ロサンゼルスからクック諸島へ、およそ20万人のお客様にご利用いただきました。日本からクック諸島へは、毎日運航している直行便でオークランドへ行き、オークランドでクック諸島(ラロトンガ)行きに乗り継ぎとなります。オークランド ‐ ラロトンガ線は2月は週6便、3月は週7~8便運航します。

「スポーツ・イラストレイテッド」の水着特集の編集者、MJ・デイ氏は、この機内安全ビデオは、50周年記念の主要事業の一つになるとし、「ニュージーランド航空とのパートナーシップはあらゆる面において素晴らしく、ニュージーランドの友人たちと賑やかな機内安全ビデオを作ることができました」と語っています。

最新機内安全ビデオ「パラダイス」編: http://www.youtube.com/watch?v=SI5Sb-z40hc&feature=youtu.be
最新機内安全ビデオ「パラダイス」編メイキング・ビデオ: http://youtu.be/umo8u_VvAeM

また、ニュージーランド航空は、2月12日より、新作ビデオをご覧いただいた方々を対象に、クック諸島への旅行が当たるキャンペーンを実施します。詳細は下記キャンペーンサイトでご確認いただけます。  http://theflyingsocialnetwork.com/site/article/watch-safety-in-paradise-and-be-in-to-win-jp

ニュージーランド航空では、春の旅行シーズンに向けて、ウェブサイトにて期間限定の各種特別運賃を提供しています。詳細は公式サイトwww.airnewzealand.jpにてご確認いただけます。

【スポーツ・イラストレイテッド水着特集について】
「スポーツ・イラストレイテッド」は米国のスポーツ誌です。1964年から始まった水着特集は、毎年2月に発行され、最も売り上げのある人気の特集です。誌面を飾るモデルたちはメディアでも取り上げられ、毎年話題となります。今年50周年を迎え、テレビ、オンライン、紙媒体を通して世界中で大規模なキャンペーンを実施予定です。


【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に26都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、たとえば2014年1月AirlineRatings.comのエアライン・オブ・ザ・イヤー等、毎年数々の受賞が示すとおり、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
公式ホームページ: www.airnewzealand.jp
Facebook: www.facebook.com/AirNZJP

※本件は、2月12日にニュージーランドで発表されている内容の抄訳です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング