エアアジア・ジャパン  成田-釜山線の運航開始を発表 11月28日(水)就航  7,980円 ~(片道)

PR TIMES / 2012年10月11日 13時0分



就航記念特別運賃230円 3,000席 10月11日23時より販売
燃油サーチャージの設定はなし

エアアジア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:岩片和行、所在地:千葉県成田市)は、2012年11月28日(水)より成田国際空港を拠点とする日本のLCCとして初めて、東京(成田)‐釜山線の運航を開始いたします。これを記念し、2012年10月11日(木)23時から10月17日(水)24時までの7日間、釜山にちなみ、230円の特別運賃の航空券を3,000席限定で当社ウェブサイト(www.airasia.com)にて販売いたします。上記の運賃の予約対象期間は、2012年11月28日~2013年3月30日です。購入にあたっては別途、支払手数料(おひとり様、1区間あたり200円)、空港使用料などがかかります。なお、エアアジアでは、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はいただいておりません。

なお、東京(成田)-釜山線の通常運賃は片道7,980円~、2012年10月11日(木)23時から当社ウェブサイト(www.airasia.com)にて販売を開始いたします。この運賃の適用期間は2012年11月28日(水)~2013年3月30日(土)です。

エアアジアグループCEO トニー・フェルナンデスは国際線就航に向け、次のように述べています。「エアアジア・ジャパンにとって第二の国際路線となる釜山への就航を発表でき、とてもワクワクしています。日本から韓国への就航は私たちの夢でした。ソウルと釜山への就航により、エアアジア・ジャパンがまた大きく成長することを楽しみにしています。エアアジアが提供する低運賃により、日本と韓国の空はより身近になるでしょう。」

エアアジア・ジャパン株式会社 代表取締役社長 岩片和行は、次のように述べています。「昨日、10月10日に発表させていただいたソウル(仁川)に続き、釜山への就航をお知らせできますことをうれしく思います。エアアジア・ジャパンは、成田国際空港を拠点とする日本のLCCとして初めて、韓国、釜山に就航いたします。雄大な自然や歴史的建造物、新鮮な海鮮料理など、知られざる釜山の魅力を日本で広め、また釜山の皆様に日本への理解を深めていただき、成田と釜山の間で新たな国際交流の波を創り出したいと思っています。成田と釜山は1日1便ずつ、週7便の運航予定です。運航時間はおよそ2時間、国内旅行と同じ感覚で気軽にご利用いただきたいと考えています。」

<運賃および運航スケジュール>
■東京(成田)-釜山 7,980~27,980 円(片道)

■東京(成田)⇒釜山
・便名:JW 0885※
(11/28~3/30)出発8:05 到着10:35

■釜山⇒東京(成田)
・便名:JW 0884
(11/28~3/30)出発11:05 到着13:05

※JW0885 便は、土日に限り5分早いスケジュールになります。


・運航スケジュールなどの詳細や条項、チケットのご予約・ご購入についてはAirasia.comをご覧下さい。
・上記の運航スケジュール・運賃は申請中・または計画中のものです。運航にあたっては、政府ならびに関係諸機関の認可・承認を前提とし、変更する場合もございます。
・上記の運賃の適用期間は2012年11月28日から2013年3月30日までです。
・別途、支払手数料、空港使用料などがかかります。また、手荷物のお預け、座席指定には別途料金がかかります。
・燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はいただいておりません。
・ご購入いただいた航空券、機内サービスならびに座席指定の料金は払い戻しできませんが、変更手数料と運賃の差額をお支払いいただくことにより変更が可能です。
・運賃額・ご利用条件は予告なく変更および追加設定する場合がございます。

エアアジア・ジャパン株式会社 (AirAsia Japan Co.,Ltd)
エアアジア・ジャパン株式会社は、全日本空輸株式会社(本社東京)とエアアジア(本社マレーシア)の合弁会社として、2011年8月に設立された成田国際空港を拠点とする航空会社です。エアアジアグループの一員として日本のLCC市場を開拓し、誰でも気軽に利用できる運賃と高品質なサービスを提供し、新しい市場を創りだすことを目指しています。エアアジアグループは2001年の設立以来、延べ1億5千万人以上のお客様が搭乗し、当初2機だった飛行機は現在約105機になり、170もの路線ネットワークを持つアジア最大のLCCとなりました。スカイトラックス社による世界航空会社調査では、4年連続で「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」部門1位(2009年、2010年、2011年、2012年)に選ばれています。

エアアジアウェブサイト: http://www.airasia.com
Facebook: http://www.facebook.com/AirAsia.Japan
Twitter: http://twitter.com/airasiajp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング